サラ金

巧妙な闇金に対抗しよう!勝手に貸し付けて取り立てる手段への対策法

巧妙化する闇金の手口

嘆かわしい事に、詐欺で利益を上げようとする人間というのはどんどんとその手法を思いつき、違法な利益を上げようと日々巧妙化させています。現実に成り立っている商法の中には多少怪しい部類も存在していますが、違法な業者というのは存在自体が犯罪なので、一切の弁解の余地はありません。

一昔前は闇金業者と言ってもお金を超高金利で貸し付け、返せないとなると違法な取り立てを行うだけの存在と言えましたが、この闇金業というのも随分と様変わりしてきました。古い闇金の知識のまま現代を生きていたら、時に足元をすくわれる事もあるでしょう。
(⇒闇金とはどんな存在?)

今回はそうした違法な貸し付け業者の中でも近年目立った方法をお教えします。金融や法律に詳しくないと思わず騙されてしまいそうな方法ですので、自分の身を守る為にも事例の一つとして頭の隅にでもいいので置いておいて下さい。

強引に貸し付けてきたお金は借りた事にはならない

お金の借り入れの大前提として、自分が必要で借り入れを行うという事があります。借り入れ用のカードを盗難されて使われた場合などはまた規約の兼ね合いなどで異なりますが、自分が必要という意思をもって、自分で借り入れないと基本的に返済の義務は発生しません。

しかしこうしたお金に関する知識にはばらつきがあり、詳しくない人も多いので、それを逆手に取った『何の連絡も無くお金を融資し、高金利で返済を要求する』という手法が一時期目立っていました。

もちろんこれは前述した『自分が行った借り入れ』ではありませんので利用する義務は無く返済する必要もありません。しかしながら『借りたお金は返さないといけない』と普通の人ならつい考えてしまい、利用の有無に関わらず高金利で返済してしまったという方も多く、被害が続出してしまいました。

もう一度言うなら『勝手に違法業者が貸し付けてきたお金は支払う義務は一切ない為返済する必要は無い』という事になります。いきなりこの手口を使われると誰もが目を疑い焦るでしょうが、少し冷静になればこちらに一切の非は無いので安心してください。

正しい知識で違法業者を追い払おう

今回の事例から違法業者というのは実に多種多様という事が良くお分かりになったと思いますが、根底は『違法な行いをしているので法律の前ではただの犯罪者集団』という事から変わりません。今回の場合、振り込まれたとしても冷静に対処すれば問題無いのです。

違法性の高いお金に関しては正しい知識があれば犯罪に巻き込まれる確率はグッと下げられますので、是非今回の知識も自分の身を守る為、正しい金融業者を見分ける為に役立てて下さい。

家計の管理は借り入れを制す!家計簿を付けて失敗の無いサラ金利用!

お金の管理は普段が肝心

サラ金を使うにあたって「いつもよりも金銭管理を厳しくしよう!」というのは非常に良い心がけです。具体的に何か出来なくとも、そうやって意識が変わるだけでも全然違います。簡単で誰でも始められる借り入れ前の心構えとしても重要なので、是非借り入れ前は自分に言い聞かせるようにしたいですね。

ですが、それが借り入れを行っていない普段からのものなら、効果は格段に上昇します。サラ金を使って失敗する人は自分のお金と借り入れの区別が苦手な方が多く、そうした方は往々にして普段からお金にルーズになってしまいがちなのです。

意識だけでなく実行した時にしておきたい事として、家計簿を付けるという事が挙げられます。家計簿を付けた事が無い方は「家計簿を付けただけで何か変わるの?」と思うかもしれませんが、すでにその時点で意識の差に大きな隔たりがあります。借り入れに関しても金銭管理は必須なので、どれだけ家計簿が重要なのかを見ていきましょう。

借り入れは家計簿で管理する

まず家計簿を付けている人というのは意識が違うと申し上げましたが、その違いがどこに出てくるのか?やはり顕著な部分と言えば貯蓄額でしょう。家計簿を付けている人とそうでない人ではその貯蓄額の差が数百万単位で空く事も珍しく無く、家計簿を付けている人が如何に無駄を省こうとしているかが良く分かる結果です。

それが借り入れに関して何の役に立つかと言いますと、貯蓄というのは言ってしまえば『自由に使える貯めこんでいるお金』です。その貯めこんでいるお金を『自由に返済にも充てられるお金』であると考えれば、如何でしょうか?

そう、借り入れ時にも家計簿を付けておく事により、無駄を省いて返済に回せるお金が増やしやすくなるのです。それどころか意識の違いゆえにサラ金を使おうとしても『これは本当に必要な借り入れなのか?』と確実に考えるようになります。サラ金を極端に渋るのは宝の持ち腐れですが、サラ金の無駄使いを減らすのは失敗しない為に非常に重要です。

当然節約で余ったお金は任意返済に充てても良いし、大体どれくらいが安定して浮くかが分かるなら月々の支払い分を増やして返済ペースを調整する事も可能です。家計簿はあらゆる面でお金に関して有利に事を進めやすくなるのです。
(⇒任意返済で返済を確実に楽にする)

家計簿は普段からが大事

一応借り入れをしている間だけ家計簿を付けるというのも一定の効果は期待できますが、やはり普段から付けている方がサラ金の利用頻度や返済計画の構築などで大きくお得に繋がりやすいです。サラ金がきっかけで始めた家計簿ならば、返済後も継続して付ける事をオススメいたします。

家計簿が続かないという方はエクセルやパソコンのアプリケーションを使う事で大幅に簡易化が可能です。環境が整っているなら是非使ってみましょう。

返済プランは随時確認!柔軟に切り替えて無理なく素早く完済するには

返済プランは複数ある

消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代においては返済が滞る事が問題視されており、いかにして利用者の方への負担を減らすかという点が重要視されるようになりました。
(⇒サラ金は何故消費者金融に改めたのか?)

その中で生まれた方法とも言えるのがリボルビング払いです。この方式は現在の貸し付け業務を行っている会社の多くがデフォルト状態の返済方法として設定しており、無理なく返せる為に利用されている方は少なくありません。借り入れ額によっては月々の返済額が一万円以下になる事もあり、家計がギリギリの状態であってもゆっくりと返済していけるのが嬉しいですね。
(⇒サラ金を楽に返済できるリボルビング払いとは)

しかし、リボルビング払いに頼り切ってしまうと返済日が長引いてしまうのも事実です。そこで返済プランが複数ある事を利用した、もっと柔軟な返済を行ってみてはいかがでしょうか?

一つでは無い返済方法を利用する

リボルビング払いでも任意返済を織り交ぜていれば問題無い…というのは事実ですが、任意返済というのは自分で操作しなくてはいけないので、これをこまめにやり過ぎるのは手間が増えてしまいます。かといってリボ払いだと終わらない…そんな時は、月々固定支払いに切り替えてみてもいいでしょう。
(⇒任意返済でサラ金の支払いをスムーズに終えるには)

月々固定払いにすると、完全に決まった金額を毎月返済していく事になります。この金額を無理が無く、同時に返せる最大限の値にしておく事により、別途振り込む手間を軽減するのです。今までリボルビング払いで余裕が多すぎたと言う方は、これで随分と返済ペースも手間も変わるでしょう。

逆に、月々の支払い分を多くし過ぎていて、それで生活が苦しくなってしまったならば、逆にリボルビング払いにして最低額返済にすれば、しばらくは月々の支払いで困る事はほとんど無くなります。もちろんその分返済ペースも落ちるのですが、まずは生活の基盤を整える事が第一です。収入が安定しないという方にもおすすめです。

状況に合わせて返済スタイルも柔軟に

支払日があまりにも近いと難しいですが、返済方法というのはいつでも変更する事が可能です。完済までは当然支払いの分だけ生活費から引かれますので、生活基盤も安定しにくくなります。状況に応じて無理の無い返済方法に切り替えていきましょう。

最も金利的にも時間的にも効果が大きいのは一括返済なので、残額がわずかなで返済可能なら、随時終わらせてしまいましょう。
(⇒一括返済で負担を最大限減らす)

申し込み前に結果が分かる!?申し込みシュミレーションで分かる事

申し込み前に出来る事

サラ金への申し込みというのは、極論を言ってしまえば『どんな準備をしていても、結果がどう出るかは審査終了後までは分からない』という事です。これはサラ金側の審査基準が公にされていないという事の裏付けでもあり、同じような条件の人が過去には受かって、同じ条件であるはずの自分が今申し込んだら落ちた…という事も無いわけでは無いのです。

だからこそ可能な限り事前の情報を集めて、受かる確率を増やすのは定石です。情報があっても実際に審査を受けて見ないと分からないのは最初に申し上げた通りですが、申し込み前に分かる事が増えればそれに合わせた行動がとれるのです。特にサラ金や銀行への借り入れ申し込みは落ちれば落ちるほどに不利になりやすいので、都度のタイミングはしっかりと活かしたいところです。

事前に分かる事は究極的に言えば『先に審査結果を表示してもらう事』が一番ですが、さすがにそれは難しいところです。しかし、擬似的とは言えそれを知る方法が無いわけではありませんので、その方法を利用できる方なら是非参考にしてみてもらいたいと思います。

シュミレーションで結果を測定

それは申し込みシュミレーションを使う事です。基本的にインターネット上でのみ受けられるサービスなので人を選ぶとも言えますが、近頃はインターネットで借り入れに関する情報を調べている人も多い為、敷居がそこまで高いものとは言えないでしょう。

このシステムはどこの金融会社の審査かというのが大抵決まってはいますが、それでも今現在の申し込みに関する情報を入力する事により、審査結果を擬似的に表示してくれるのです。対象の業者に申し込む場合、利用しない手は無いとも言えるでしょう。

これによりどれくらい借りられるか、審査自体には通過するかなども分かります。一発審査と言うのもあり呼ばれ、そのまま問題が無ければ融資まで直結する事もあります。ただ、シュミレーションの場合はあくまでも目安なので、過信はしないようにしましょう。

事前に分かれば出来る事

シュミレーションの結果が悪い場合はあまり意味がないと思うかもしれませんが、その申し込み先においては少なくとも望みが薄いという事が分かり、そのおかげで余計な申し込みが省けるとも言えます。特に複数の申し込み先を選定していた場合、より絞り込みに役立つでしょう。

シュミレーションは当然無料で利用できる物が多いので、使えるものなら是非使っておきましょう。

クレジットカードも関係する?借り入れ枠審査に関わる金融情報とは

サラ金申し込みに関わる要素

サラ金と銀行カードローンは同じお金の借り入れという事で、貸金業などのカテゴリの違いがあっても互いに審査に影響し合うというのは分かりやすいですね。貸金業というのはサラ金などの消費者にお金を貸す業務を行う会社であり、銀行などの機関とは違った規格があります。
(⇒サラ金と銀行カードローンの違い)

お金を借りる業務は互いに審査に関する情報を共有している。これは分かりやすい考え方ですが、お金を直接貸し付ける業務以外でも、金融に関するものなら審査に影響するのはご存知ですか?

金融、と一言で言っても様々な業務があって分かりにくいですが、基本的に金融のカテゴリ内なら関係すると思っておいた方がいいでしょう。今回は特に違うようで同じであるクレジットカードについて見ていきましょう。

サラ金に関係するクレジットカード

クレジットカードというのはショッピング枠内で買い物が可能で、直接的に現金を貸し付けるわけではありません。たまにクレジットカードの現金化を代行する会社がありますが、それは違法なので決して利用しないようにしましょう。

直接現金を貸し付けるサラ金と買い物のみに使えるクレジットカードでは違う存在に見えるのですが、それは違います。同じく金融に所属し、同時に審査においても影響し合う存在なのです。
(⇒サラ金とクレジットカードはどこが同じ?)

クレジットカードも信用払いという事でサラ金のような信用貸付のように、無担保で利用できる存在です。信用情報としてお互いに信用機関に記録されているのも、こうして考えると納得でしょう。
(⇒信用機関とは何か?)

その為すでにクレジットカードを所持している場合、サラ金審査においては限度額にもよりますが、有利になるとは言い難いのが事実です。さらに総量規制の関係上、ショッピング枠を先に持っているならサラ金の借り入れ枠にもそれが影響され、本人が希望していたのよりも小さな限度額になるのも珍しくありません。総量規制は直接現金を借り入れられる枠に影響するだけでは無いのです。
(⇒総量規制の決まりとは)

クレジットカードの作成も慎重に

このようにクレジットカードとサラ金の借り入れ枠は審査においても深く関わってきますので、双方が欲しい場合はまずどちらを優先して作るかを決めておくべきです。限度額が大きくて助かる方と言えば借り入れ枠の方になりますので、まずはこちらから作ってみるのが無難です。

買い物が多い、というならクレジットカードでも構いませんが、対応していない場所では使えない事もしっかりと踏まえておきましょう。

根底から違うサラ金と闇金の体質を理解して間違えないただ一つの事実

違法業者とサラ金は何が違う?

サラ金と呼ばれる貸金業者は日本にたくさんあります。特に駅前などの人の通りが多い場所である程度の規模の街なら、むしろ営業所が無い場所の方が珍しい事もあります。それだけサラ金というのは消費者金融になって身近になった存在なのでしょう。

しかし、それでもまだサラ金という名前には悪いイメージが残っています。時には闇金のような違法業者との混同が見られる発言なども散見され、まだまだサラ金のイメージ払拭は終わっていない事を痛感します。積極的に利用するかどうかは別として、困った時の選択肢として存在させるにしても、これではまだまだ不自由な印象があります。

そもそも、サラ金が違法業者とするなら、全国各地に展開してインターネットにも広告などを展開している現状では「この国の借り入れ自体が信じられない」という事にもなりかねません。それは非常に生活を不便にする勘違いなので、サラ金と違法業者の闇金の違いを見ていきましょう。

サラ金は闇金とは全く違う

そもそも国に認められた基準を満たしたサラ金と存在自体が違法行為である闇金では、それだけでも全く違うのが分かるはずです。闇金を万が一使ってしまっても相手がしている事が犯罪行為である以上、こちらが不当に払う理由にはなりません。ですが、闇金という組織自体が法から外れた行動を取りますので、余計なトラブルに巻き込まれない為には、まずは頼らない事から始めましょう。

違いとしては、サラ金は国に届け出を提出して認可された業者である事です。貸金業協会にも所属しないといけないように、国が定めた規格を厳格に守る事が営業する為の最低条件です。闇金と言うのは届け出を出しているはずも無い存在なので、国から存在を認められていないのです。そんな場所に頼るわけにはいきませんよね。

サラ金と闇金を間違えて欲しくない理由としては上記のように『犯罪行為を平然と行っている集団である』事です。サラ金と間違えて借りてしまった、何て事が万が一にもあれば目も当てられない事態になりかねませんので、同じ貸し付けを行っている存在といっても間違えない、同じだと思わないようにしましょう。

サラ金は決められた金額を返せばOK

当たり前の事ですが、サラ金と言うのは期日に決められたお金を返していれば問題になる事はほぼありません。闇金というのは返済日も金利もめちゃくちゃで返せそうにない条件を出してくるので、本当は間違えようが無いくらい違う存在なのです。

サラ金には頼っても闇金には頼らない、という事を最初に頭に置き、借り入れ先はしっかりと国に認められた業者から選びましょう。

女性でも借り入れは普通!レディースローンが教えてくれる事とは?

女性に配慮した借り入れ

お金を借り入れるという行為は、時代が変わってもなかなか見られる目というのは変わりません。サラ金はかつてのイメージ払しょくの為に消費者金融に名前を改めており、実際にその名の通り消費者により身近なサービス展開をしていますが、サラ金自体のイメージ回復にはなったとしても、やはりお金を借りる事自体は変わり切っているとは言い難いです。

お金を借りるという行為に、あなたはどんな気分を抱きますか?金融関係の知識を持ち、計画性を持って使える人ならばそんなに悪いイメージも抵抗も無いとは思いますが、大部分の一般の方は『お金を借りる事は恥ずかしい事』と思ってしまうものです。お金と言う物は生きていく上で必要なものでありながら、往々にして借りる事に関しては抵抗を覚えてしまうのです。

特に女性だとどうしてもそうした世間体などが気になってしまい、満足のいく利用が出来ない事も多いです。実際は借り入れというのは期日にきちんと返せれば問題無いのでそこまで気にする必要はありませんが、それでも人目を変えるにはまだまだ時間が必要とされるでしょう。

そんなお金が必要な女性を思いやった借り入れ方法もあります。今回はその女性の為の借り入れである『レディースローン』について見ていきましょう。

女性の方はレディースローンで楽々借り入れ

レディースローンというのは名前の通り女性のみが使える借り入れプランで、顧客を女性に特化しているだけあって、女性ならばその恩恵を最大限に活かす事が出来ます。女性の方はこちらを使えるならこちらの方がいいでしょう。

気配り面に関しては、窓口で相談する際には必ず女性の方が担当になる事が大きいです。やはりお金を借りる際に窓口で相談する事があっても、男性が担当だと女性は気後れしたり苦手意識を持ったりするものです。女性の担当の方になればそんなイメージも幾分か和らぎ、借り入れ額を初めとして様々な相談も腹を割って行いやすくなります。
(⇒窓口相談がまだ必要とされる理由は?)

また、働く女性や主婦の方が申し込んだ際に審査が若干緩くなるのも嬉しい点です。働くにしても男女の差は無くなりつつありますが、それでも手取りなどで平均的に女性の方がまだまだ低いと言わざるを得ないのが現状でしょう。収入が審査に直結する以上、女性の審査基準が引き下げられるのは男性並みに借りる事も可能になりやすいのです。
(⇒サラ金は主婦でも申し込めるの?)

女性でも気軽に使えるのが最大の魅力

レディースローンは条件もそうですが、その存在自体が『女性でも借り入れを行う事は普通』としている事が最大の魅力です。性別による差があらゆる生活範囲内でまだ存在していますが、それを無くす為の試みとしてもその意味は大きいでしょう。

女性でもお金が必要になれば、それに応じて借りられる。そんな世の中であり続けて欲しいものですね。

無金利は本当にあった!?一週間なら何度でも無金利な借り入れとは!

何度でも無金利は存在し得るか

低金利というのは、基本的には最大の限度額まで用意できるような人向けで、10万といった低い枠だと金利はどうしても上限まで上がってしまいます。これは借り入れの限度額と金利が密接に関係している事によるので、低金利が必要ならどうしても限度額もきっちりと上げなくてはならないのです。
(⇒金利の上限と下限の意味は?)

ですが、低金利や無金利を限度額に関係なく得る方法はあります。それはキャンペーンを利用する事であり、主に期間と回数を限定して得られる新規の方向けの内容となっています。本当に限定的ではありますが、これからサラ金に申し込もうとしているなら見逃せない点でもあります。積極的に活用する方針で検討してみましょう。
(⇒キャンペーンを利用してサラ金を低金利で借りてみよう)

しかし、限定的な特典というのでは長く付き合うにはちょっと…と躊躇する方もいらっしゃいます。長く付き合うなら銀行のような常に低金利の枠の方が…と思うかもしれませんが、何度でも無金利で使う借り入れも無いわけではありません。もちろん限定的な条件というのはありますが、何度でも無金利で使える借り入れについてご説明します。

一週間なら何度でも無金利で使える借り入れ

それは一週間以内であれば何度でも無金利になるという借り入れです。その言葉通り新規やキャンペーンに関わらず、借りてから一週間は必ず金利が発生せず、その期間内に完済すれば無金利で借りて返してが出来るという事です。一週間とは言え何度でも無金利というのは見逃せない利点でしょう。

ですが、デメリットも当然あります。一週間過ぎれば当然金利が発生し出しますが、同じ条件で借りる場合として他の借り入れ枠と見比べた場合、金利が高めである事がほとんどです。一週間以内ならリスクが無い分、一週間を過ぎると他の借り入れよりも金利負担が大きいのは、長期に渡る返済においては多少足を引っ張ると言えます。

従ってこの借り入れ枠を作るなら『今すぐ必要だけど一週間以内には返せる程度の一時的な手持ちが欲しい』という状況に限定して使う事がお得に繋がります。多額の借り入れを長期に渡って返済するならば、あまり使いやすいとは言いにくいのが現実です。

使い分けにはぴったり

以上の事から、この借り入れ枠一つだと多額のお金が必要な場合に心許ないと言えます。そこで低金利で限度額が大きい別の借り入れ枠も用意しておく事により、サッと使ってサッと返すなら一週間無金利で、たくさん借りてじっくり返すなら限度額が多い方で…という使い分けが便利でしょう。

借り入れ枠を複数持つ事はあまりオススメではありませんが、今回紹介した借り入れはすぐに使えるもう一枚が一番適任であるので、場合によっては作ってみてもいいでしょう。

返済が不便なのは怪しい?顧客の事を考えないのは闇金の証拠だった!

その返済、本当に正しいの?

違法業者も時代の進化に合わせて手口が巧妙になり、闇金業者も自分の目的である違法な貸付業の手法を変えてきています。まだ古い方法でご年配の方を騙す、或いは金融知識に疎い方を騙すといった輩も見受けられますが、数年前に比べて付け入る隙は多少は減ったと言えましょう。

振り込め詐欺に対して注意喚起が行われたように、事実では無い或いは払わなくてもいいお金を振り込ませる業者も存在しており、銀行での振込みは知らない口座相手だと十分注意するように呼びかけています。そしてそれは振り込み詐欺だけではありません。

闇金業者に関しても振り込みの際には十分な注意が必要なのです。貸し付ける前に先にお金を振り込ませる違法業者も多数確認されているように、違法業者への振り込みも十分な注意が必要です。

銀行振り込みしか対応していない業者は要注意

サラ金などのきちんとした業者の大半は様々な返済方法を用意しています。これは自分に合った返済手法を使ってもらう事により、個々の事情に対応してくれる為の試みですね。一昔前は窓口のみなどと言った方法のみという場所もありましたが、時代は大きく変わったものですね。

実際のところ、借り入れの返済方法に関して銀行振り込みは多少不便と言わざるを得ません。申し込み時に引き落とし口座の記入を求める場所も多い事から、口座引き落としが返済方法の基本となりますし、便利です。

しかしそんな金融業界の流れに反するような『返済の際には銀行振り込みしか対応していない』という不便極まりない業者というのは、大抵が闇金業者です。口座引き落としや専用ATMからの返済は違法業者として運営するのに手間が大きく不便である事から、ほとんど用意していないと見るのが正しいでしょう。そうした顧客の利便性の事をちっとも考えていないのも違法業者の見分ける一つの基準としてしっかりと認識しておきましょう。

今時銀行振り込みのみは正規の金融業者ならあり得ない

とにかく便利に使える方面で進化しているサラ金などと比べて、闇金業者は効率よく騙して利益を上げる事しか考えていないので、返済方法一つとっても全くこちらの事を考えている風には見えませんね。使いやすいというのは便利なだけでなく安全な証拠です。無理なく返せる方法を提示している業者を選んでいきましょう。

基本的に金融業界で不便=優良業者の図式が成り立つ事はありません。それを肝に銘じておきたいですね。

借り入れの混同は厳禁!自分のお金とサラ金の枠を区別して考えるには

金銭管理と把握は借り入れに必須

サラ金というのはそれまでの借り入れのイメージである『借り入れとは会社などを経営している人が使う物』から一変させ、サラ金は確かに『消費者でも使える借り入れ』としてその地位を確固たるものとしました。今現在ではサラ金は消費者金融と呼ばれているのは、そのかつて打ち立てた概念の名残とも言えますね。

消費者でも使える借り入れというのは同時に『ほとんどの人が使える借り入れ』という事にもなり、審査などもあるとは言え仕事をしている方や働いている方の配偶者などであれば、基本的にほとんどの人が枠を作る事も使う事も出来ます。返済能力さえあればサラ金は使えるようになると思ってもいいでしょう。
(⇒主婦が申し込むサラ金は配偶者がカギ)

しかし、誰でも使えるという事は良いことづくめというわけでは無く、弊害も生み出す事になりました。たくさんの人が使えたとしても、その全ての人が等しくサラ金を適切に使えるとは限りません。ぎゃくにたくさんの人が居る分だけ、誤った使い方で破産する人も結果的に増えてしまったと見るべきでしょう。

そうして失敗した人は何が問題だったのか?それは金銭管理の甘さも関係した、サラ金の自分のお金感覚で扱った事が大きく取り上げられるでしょう。

サラ金は自分のお金では無い

やはり使い勝手の良さ、手軽さというのはどうしても意識的にも軽いものと取り扱ってしまうせいか、サラ金を自分のお金と勘違いして使う人が出てきてしまったのです。サラ金は借りたお金である事を理解するのが大前提の為、当然そのままで良いはずはありません。

サラ金を自分のお金感覚で使ってしまうと、枠にもよりますが普通よりも大幅に使える分が増えてしまい、その結果としてギャンブルなど大きくお金が動く娯楽にも借り入れを使ってしまう人が続出しました。これがサラ金が問題になった背景ですが、金融知識をお持ちの方なら「自業自得じゃないの?」と思うかもしれませんし、それも事実です。

こうした方に問題として挙げられるのは金銭管理の甘さです。サラ金で借りたお金まで借り入れとしてカウントしてしまうような、家計への意識の低さが必ずどこかに存在していまっているのでしょう。まずはそれを正さない限り、自分のお金もサラ金のお金と区別がつかないままでしょう。

ちょっと考えれば分かる簡単な事

借り入れ枠があると目先の欲にも流されてしまいそうですが、サラ金を普段使える枠に組み込まず、本当にお金が無いと困った事態になる時にアテにするようにすれば概ね問題は無くなります。当然の事ではありますが、人間は流されやすい生き物なので、お金に関しては常に高い意識を持っておきましょう。

他にも普段からレシートなどをきちんと取って置き集計する簡単な家計簿を付けるだけでも、その意識は大きく変わります。家計の把握も併せて行っていきたいですね。
(⇒家計簿で借り入れを変える)

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >