サラ金

返済のための借り入れは絶対やめよう!破産に近付くその危険性とは?

決してしてはならない事

サラ金がかつて悪い印象を持たれていた時代があったように、金融関係の商品とも言える物は使い方を誤ると金銭的な破滅が訪れる事も少なくありません。お金というのは生きていく上で最低限は必要であると共に、その最低限以上の使い道についてしっかりと計画を立てないとならないのです。

サラ金は用途自由でいつでも使える借り入れ枠でありますが、同時に自由な分だけ自制が必要になるという事です。自由ゆえに具体的にどんな事がNGかは調べたり、或いは自分で決めて注意する他はありません。

そのNGとされる使い方のうち最たるものと言えば、やはり『借り入れを返す為の借り入れ』です。冷静に考えればそれがどれだけ危険かはすぐに分かるはずですが、お金に追い詰められてしまった人は総じてこの冷静さを欠いてしまいがちです。事前に危険とされる内容を見つめ直し、どんな状態でもタブーだけは犯さないようにしましょう。

返済の為の借り入れが危険な理由

一昔前にサラ金が危険視されていたのは最初にご説明しましたが、破産者を生んでしまった背景にこの返済の為に他の会社からお金を借りて…という事が非常に多発したのです。今現在では法定金利の引き下げなどにより大きく減りましたが、それでもお金に対してルーズな方はこの愚を何度も犯してしまいがちです。

返済が間に合わないから余所から借りて…という事が何故危険なのかと言いますと、その返済の為に借りたお金にも当然金利が発生するという事が第一です。本来返済に用意するお金は自分のお金なので金利は発生していないお金であり、結果的に借りて返す事で金利が発生する分、より返済が大変になるのは明白なのです。

そもそも、近頃のサラ金にはリボルビング払いなどが用意されており、月々少額からの無理の無い返済も可能なのです。その返済にすら間に合わない状態で借り入れというのがどんな結果を生むのか、それは火を見るより明らかです。まずは早く返済することなどは考えず、最低限にまで支払額を引き下げて、家計の管理を厳格にしておきましょう。
(⇒返済のスピードは慎重に設定しよう)

返済は必ず自分のお金で行う

今回の事を総括するなら『返済においては自分のお金のみで行う』という事になります。一言でも分かるくらいに当たり前の事ですが、この当たり前の事すら忘れさせるのがお金に関する事柄です。まずはそれを根底として考えておきましょう。

こうして返済のための借り入れに関するデメリットを知ってみていかがでしたか?大げさに思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これが事実なのでどんな時も忘れないようにして下さい。

二つに分かれたサラ金の審査!仮審査と本審査の違いを公開!

サラ金の審査の基本構造

サラ金の借り入れ枠が欲しいなら、まずは申し込みが必要です。申し込みの方法は紙面がまだまだメインで使われている感じですが、最近ではインターネットからの申し込みに対応してる業者も多く、自分の都合に合わせて誰でも申し込めるようになっています。好きな方法で申し込んでみましょう。
(⇒インターネットからサラ金を申し込む方法)

そして申し込みが受理されれば審査が待っています。サラ金や銀行カードローンは信用貸付と呼ばれているもので、無担保で借りられる代わりに貸し付けを行うに値する信用があるか、そしてどれだけの枠を用意できるかを審査してもらいます。有担保でももちろん審査はありますが、無担保の方が使いやすい代わりによりシビアとも言える審査が待っています。
(⇒借り入れにおける無担保と有担保の違い)

この審査というのは基本的に仮審査と本審査の二段階に分かれています。この二つの違いについて、基礎から勉強しておきましょう。

仮審査と本審査の違い

仮審査というのは、基本的に機械が処理している場合が多いです。サラ金やそれ以外のカードローンの審査は昔に比べて劇的に早くなりましたが、機械がふるいわける事でこの速さが成り立っていると言ってもいいでしょう。

仮審査というのはまずは『借り入れ自体は可能か?』という事を調べます。ゆえに仮審査で落ちるという方は金融関連に関して問題を起こしている可能性が高いので、心当たりが無いなら信用機関に問い合わせてみると問題点が分かるかもしれません。
(⇒金融情報がリアルタイムで記録されている信用機関とは)

そして、仮審査に通過すれば本審査に移ります。本審査というのは人間が直接チェックする最終確認と言える段階で、本人確認を行ったり、どれくらいの融資枠を用意出来るかを判断する事が多いです。

また、希望する額よりも限度額が大きく変わる場合、本人確認の際に枠の確認もしてもらえる事もあります。その場合は提示された条件でいいかしっかりと確認しておきましょう。

二つの審査を通過すれば終了

この二つの審査を通過すれば、後は借り入れ枠の発行を待つだけです。インターネットによる操作に対応している場合、カードが届く前から借り入れが出来る場合もありますので、急ぎの入用なら確認してみましょう。
(⇒インターネットで操作できるサラ金)

二つの審査の特徴を理解し、本人確認の際にも慌てる事が無いように心構えをしておきましょう。

銀行よりも低金利!?サラ金が行っているキャンペーンでお得に借りる

今あるチャンスを最大限に活かす

金利の理想は低金利と言われる低い値です。そうなると平均して金利が低い業者…銀行が申し込み先としては人気です。実際サラ金と比べて銀行カードローンなどは同じ使い道でも平均して金利は低く、借りても低めの負担で完済まで進めます。それにサラ金よりも銀行という肩書の方が聞こえも良い為、どうしても銀行から優先的に借り入れ先を選ぶ方は多くなります。
(⇒サラ金と銀行カードローンの違いとは)

そうなるとサラ金で低金利は不可能?とお思いかもしれませんが、そんな事はありません。上限金利の値で見ればサラ金は高めですが、下限金利においては大きく差を付けられている事は少なめです。従って、限度額も最大まで借りれるなら金利で大きな差は付きにくいです。

さらに「とりあえず一回しか借りない」という場合、キャンペーンを利用してサラ金を借りた方がいい場合があります。キャンペーンというのは限定的な特典の為、長期的に利用しようと思っている方には軽視されがちですが、時には銀行を上回る条件で使う事も可能です。タイミングが大事ですが、狙えるなら是非使ってみましょう。

キャンペーンを活かして低金利でサラ金を使う

キャンペーンの中で最も多いと言えるのが金利が安くなる事です。キャンペーンによっては金利以外の特典が発生する事もありますが、業者側が大々的に宣伝するキャンペーンと言えば、大抵が金利に関わるものです。特にサラ金は積極的にキャンペーンを行っている事が多いので、サラ金も申し込み先として検討しているなら、活かせるまたとないチャンスです。

キャンペーンの内容としては金利が一時的に下がるものが多いと書きましたが、低金利になるだけでなく金利自体が無くなる、いわゆる無金利になる事だってあります。銀行がいくら低金利といえど、さすがに無金利というのはキャンペーン以外ではありえません。そして無金利キャンペーンを頻繁に行っているサラ金というのは、場合によってはノーリスクで借りて返してが出来ます。

前述したように「とりあえず今回しか使わない」という場合で無利息期間内で返せるような金額の場合、キャンペーンを利用して借りて、尚且つ期間内に返済を済ませれば私たちへの負担は実質的に皆無となります。期間と言っても大体は一か月ほどですが、給料日の兼ね合いによっては何とかなる場合もあります。ノーリスクで借りられるチャンスというのは限定された期間とはいえ、十分な魅力です。

普通に使う場合もキャンペーンがあるに越した事は無し

こうして書くと「一回しか使わないならキャンペーンは微妙?」と思われがちですが、借り入れにおける金利が一日ごとの加算と考えると指定された期間の間金利が発生しないのも決してお得じゃないというわけではありません。

申し込もうとしたタイミングでキャンペーンを行っているなら、それに便乗しない手はありません。キャンペーンは無いよりはある方が圧倒的にお得だと思っておきましょう。

借りて返せればサラ金に問題無し!借りる前に返済算段を済ませるコツ

借り入れは借りる前から大事

お金を借りるという事は必要な時に用意できるかが大事ですね。必要な時に必要な額を用意できないから借り入れに頼るのであって、自前で用意できる場合にはサラ金や銀行から借り入れる意味合いは薄れていきます。
(⇒安易に借り入れに頼るべきでない理由)

ですが、借り入れ前はそれだけが全てではありません。借り入れというのはお金を借りて必要な分を用意できた時点で終わると言う事ではなく、借りた分を完済した時点で全てが終わったと言えます。返済日に必要な金額を用意し、着実に返済を続けていく。当たり前の事ではありますが、それを守れない人が居たからこそ、一昔前にサラ金が問題視されたのです。
(⇒返済日にサラ金を返す事の大切さ)

ゆえに借りる前に大切な事として、借りた分を返せるかどうかの算段が必要になります。月々の負担も少なく返せるようになったサラ金ですが、それでもお金に関わる事には変わりないので、これを怠らない事は初歩でもあり重要でもあるのです。

その借り入れ、本当に返せるの?

借り入れる前に必ず借り入れ額とそれに伴う月々の最低支払金額をまずは確認しておきましょう。リボルビング払いにせよ月々固定払いにせよ、これが安定して払い続けられるなら、どれだけ時間をかけて返済しても業者側から文句を言われる事はありません。自分に払える金額か否かを最初に確認しておきましょう。
(⇒リボルビング払いで月々の負担を減らしてみよう)

そして月々の返済が可能な事が分かれば、次に『最低額以上ならどれだけ返せるか?』というのを把握しておきましょう。最低額のまま低い負担で返し続けてもいいですが、それだと金利が毎日加算されている以上、返済が遅くなればなるほど最終的な完済金額は増えていきます。可能な限り早く返せるように、月々払う分を増やしたり、任意返済で随時調整できるようにしておきましょう。
(⇒金利の加算方式について知るべき事)

この二つを踏まえれば借り入れを躊躇する必要は無くなる

何度も言うようですが、どんなに時間をかけても期日にきちんと返し続けられるようであれば、借り入れをしたからといって大きなペナルティが発生するわけではありません。むしろ必要な時に用意してスムーズに返せるなら、自分の行動の選択肢を大幅に増やしてくれるのです。

返せる確固とした算段があれば、サラ金は便利な予算枠になり得ます。返済プランは早期に用意するようにしておきましょう。

銀行振り込みは本当に使えない?返済を利便化する工夫をしてみよう!

返済は便利な方法でより効率的に

借り入れの返済においては、当然便利な方法を選ぶ事で様々な面において利便性が向上します。主に金利や時間や手間などが変わってきますので、長期的な返済になるとその積み重ねは顕著に差を生み出します。

支払い方法で便利な物と言えば、サラ金返済においてはやはり口座引き落としが楽ですね。毎月の支払い分だけは遅れない事が肝心の借り入れ返済において、口座に入れておくだけで最低限の支払いが手堅く終えられる引き落としは極めて合理的とも言えましょう。

逆に支払い方法…それも毎月の分を払う方法は、口座引き落とし以外は多少問題があると言えます。自分で振り込む場合、引き落としに比べてミスが起きやすいのが特徴で、多忙な毎日を過ごされている方だと時間の折り合いも付けにくいでしょう。

自分で振り込む方法の中でも、銀行振り込みに関しては一番返済方法の中でも、使う場面が限定されるものでしょう。限定されるだけであって使えないというほどでは無いのですが、ある程度の条件が揃っていないとメインで使うにはやや難がある返済になりがちです。

銀行振り込みは特定の条件下で使う

まず銀行振り込みでの返済の難点と言えば、兎にも角にも手数料が発生する事です。手数料なんてたかが知れている…と思うかもしれませんが、その知れている金額が一年以上かかる返済ならば、合計でかなりの負担となります。任意返済ならそれこそATMで行う方が大抵の場合はお得になるでしょう。

また、振り込みをする際に銀行などのATMや窓口に向かって操作しないといけない為、移動の手間が発生するのもいただけません。これに関しては提携ATMでの返済も変わりませんが、コンビニのATMなどに対応しているなら、手数料の関係も踏まえてこちらの方が何かとべんりでしょう。
(⇒提携ATMから返済をしてみよう)

とはいえ、銀行振り込みが全く使えないというわけではありません。振り込みに際して借り入れ先が口座と同じ銀行であったならば、手数料が発生しない事になります。サラ金には口座という概念が無いのでできませんが、銀行カードローンなどを口座と同じ金融機関にしておくと、こうした場合に便利となります。

さらに、ネットバンクが操作できるならまた少し話は変わります。手数料に関してはばらつきはありますが、家から返済が出来るというメリットが発生します。これは操作できれば非常に便利で、24時間自宅で返済が行えるという事実は、空いた時間で返済が出来るという事に他なりません。他の返済方法には無い大きなメリットでしょう。

ケースバイケースでより楽な支払いを

メインの支払い方法が口座引き落としなのには変わりありませんが、それ以外…例えば任意返済なら、ネットバンクなどの利点を活かせば銀行振り込みもとても役立つものとなります。返済の支払いはその場に応じて便利な方法を使い分けるといいでしょう。

支払いの利便化は返済において縁の下の力持ちとなってくれる事を忘れないようにしましょう。

サラ金と銀行は別物?貸付業に分類される違いを分かりやすく解説!

規格による違い

世の中には似ているような業種がたくさんありますが、実際にはそのどれもが細かい意味で言えば違い、ある程度のカテゴリ分けにしたとしても、非常に多岐に渡っているのが実情です。

お金を貸してくれる業者というのも実に多種多様で、昔で言えば銀行くらいしか思いつかなかったかもしれませんが、今となっては借り入れ先は非常に多岐に渡っていると言えます。中でも大きい場所と言えば銀行、信販系会社、サラ金…消費者金融の三つと言えるでしょう。
(⇒サラ金は何故消費者金融と呼ばれるの?)

その中でも銀行とサラ金は特に知名度が高いですね。借り入れ方法もカードによるものが主力というのも同じですし、条件の違いくらいしか内容にも見えます。
(⇒カードで行うサラ金の借り入れ方法とは)

ですが、サラ金と銀行では規格が違うのはご存じでしたか?法定金利などはさすがに同じですが、銀行には銀行の、サラ金にはサラ金の独自とも言えるルールがあるのです。

サラ金は貸金業としてのルールが適用されている

サラ金はいわゆる貸金業という業種に属しています。貸金と聞くと銀行も同じ事をしていそうに感じるかもしれませんが、銀行はこの貸金業というカテゴリからは除かれています。あくまで貸し付けというのは銀行の業務の一部というわけですね。

貸金業の定義というのは、名前の通り消費者にお金を貸し付けるのを取り扱っている業者を指します。サラ金が消費者金融と名を改めたのも納得の結果と言えそうですね。銀行が貸し付けだけでなく預金口座開設や資産運用の手助けを行っているので、サラ金とは別物という考え方と思えば良いでしょう。

これらに属する業者には貸付業協会が目を光らせている事もあり、昔のような合法と違法のスレスレのような営業が出来なくなって、私たちにようやく身近となったと言えるでしょう。サラ金について疑問があればこの協会に問い合わせてみるのも手段と言えます。

どちらにせよ用途は同じ

貸付業と銀行にはこのように違いがありますが、借りて返すといった通常の利用だけならば、私たちにとってはさして違いはありません。特に滞りなく返済計画を立てられる人ならば、尚の事気にする事は必要無くなります。

ただ、問い合わせなどの際には知っておくと便利ですので、銀行とサラ金は業務としての規格が違うとだけは覚えておきましょう。

サラ金の使わない借り入れ枠は解約しても問題は無いですか?

私はサラ金の借り入れ枠を複数所持しているのですが、このうち使わない借り入れ枠を解約する事に何か問題はありませんでしょうか?
(⇒借り入れ枠の解約はどんな結果があるの?)

借り入れ枠というのはあれば便利なのは承知しているのですが、それでも複数あればどうしても使わない枠も出てきますし、お金に関わる事なので万が一盗難されたり紛失したりした時のリスクも考えれば、解約しての整理が必要なのではないか、と最近考え出したのです。
(⇒サラ金は盗難や紛失のリスクにも向き合おう)

ですがせっかく作ったのに勿体ないと思ってしまうと同時に、解約などの金融に関わる情報は全て信用機関に記録される事もあって、解約には何かリスクでもあるのではないかと不安になっています。考えすぎでしたらご面倒をおかけしますが、不安解消の為にもお答えしていただければ幸いです。

使わない借り入れ枠の解約にデメリットはさしてありません

サラ金だけでなく借り入れ枠というのは作る際には審査などの手間もあるので、どうしても「勿体ない…」と考えてしまいますよね。私も解約するかどうか考えた場合、質問者さんと同じ気持ちになると思います。

ですが、借り入れ枠の解約自体は文字通り借り入れ枠が使えなくなる事以外に特に変わる事は無い…デメリットは無いと考えていただいて良いでしょう。但し使う可能性がある枠を解約した場合は思わぬ出費に四苦八苦する事になりますので、必ず『今度使う予定が見当たらない枠』である事を確認しておきましょう。

そして質問者さんの言う通り解約の情報も信用機関に残りますが、これは審査に悪影響があると考えるのは杞憂である事がほとんどです。むしろ総量規制への影響や紛失や盗難のリスクを下げるという意味では計画性であると見るべきでしょう。そこまで金融業者に伝わるかどうかは断言できませんが、借り入れ枠を整理する事は今後契約する枠拡張に繋がりやすいのは事実です。
(⇒総量規制を意識してサラ金を申し込んでみる)

以上の事から、借り入れ枠の解約は使わない枠であればデメリットは無く、むしろメリットに繋がる可能性を生み出すと言ってもいいでしょう。ご自分が持っている一番良い枠があれば、限度額次第では今後不自由もしにくいので、折を見て枠の整理を行ってみましょう。

サラ金と違法業者の違いを知り、見分ける為の最も初歩的な点について

違法な業者を知る為には

お金を借りるという事が、何だか頼る事自体が悪い事をしている気がしてしまう…と借りる前に思い悩む人がまだまだ多いです。借り入れ先の代表格でもあるサラ金が悪いイメージを抱かれているのにも借り入れという行為自体の印象の悪さが起因している部分もあります。

確かにお金というのはこの世界において非常に大きな存在であり、人によってはそれが全てとまで断言される方もいらっしゃいます。それゆえにお金というものを借りるには重圧だってありますし、返せなかった時の責任は物品よりも重大です。ですが、要は借りても返せばよかっただけなのに、何故ここまで印象が悪いのでしょうか?

それはやはり違法な業者が未だに横行しているからでしょう。サラ金もそのイメージから違法な業者と勘違いする方が後を絶ちませんが、サラ金は消費者金融とも呼ばれる国に定められた基準を守っている業者です。違法な業者をこれから見分ける為にもまずは最低限それだけは理解しておいてください。

違法な業者はサラ金とは呼ばない

サラ金もかつては違法行為とされる取り立てや金利に関わっていると言われ、国も貸し付けに関わる業務について見直しをした為、今ではサラ金はもちろん違法でもありません。むしろ便利な部分も多く、銀行とは違ったメリットを多数擁しています。

それでもまだ違法業者と間違われるのは『過去にそんな事があったから』と言わざるを得ません。良い行動は忘れられがちなのですが、悪い行動…消費者の方にとって害を成す行為に関しては、なかなか忘れられるものではありません。そしてそれを払拭しないとなかなかサラ金には頼れないのが現実です。

違法な業者というのは闇金業者であり、サラ金ではありません。まずはそれだけを理解しておき、サラ金は使っても大丈夫な借り入れ、闇金は頼れば最後くらいに考えておきましょう。闇金に関してはそれでも全く大げさとはいえない事態に陥る事も珍しくありません。
(⇒闇金業者の恐ろしさ)

サラ金で借りる事は悪い事じゃない

兎にも角にも違法業者を見分ける為には『サラ金で借りる事は違法業者では無いので悪い事じゃない』という事は理解しておきましょう。銀行に比べてまだまだ誤解が解け切っていないサラ金に抵抗を無くさないと、全ての借り入れ先を信用する事もできません。

信用が出来ないとそもそも利用も出来ませんので、抵抗を持ち続けるのだけは便利な利用の為にも避けましょう。

サラ金って何?何も知らない人でも分かる借り入れの基本を解説!

これからお金を借りる人に

人間が生きる為には、最低限の生活を維持できる程度のお金が必要となります。世の中お金が全てじゃない、というのは正しい事であると同時に、お金が無いと生きていけないという事実も理解していなくてはいけません。

お金を稼ぐ為の行為が労働であり、私たちは就学期を終えれば仕事に就き、そして生きる為のお金を得る為に働くのが当然の流れとなっています。労働で得た対価でもある賃金が生きる為に必要なお金となり、そのお金を生活費や娯楽などに使う事になります。

基本的にはそのお金の中でやりくりしていく事になり、例えば収入以上の製品を購入したいと思ったら、当然その場においては我慢する事になります。それが娯楽品などならともかく、生活必需品の類となれば八方ふさがりに見えますよね。
(⇒お金を借りるなら必要な出費に絞ろう)

もちろんそうなった時の為の手段はあります。それはお金を借りるという事ですね。お金を借りるという事はやはり悪い印象を抱かれがちですが、生きていく上で借り入れというのは自然に作っている事が大半です。身近なもので言えば携帯電話の月賦料金も借り入れと判断されます。
(⇒私たちが気付けない借り入れと判断されるもの)

中でも私たちに身近で利用しやすい借り入れどころと言えばサラ金です。サラ金、と一言で言われても何も分からない方もいらっしゃれば、詳しい意味合いも分からずサラ金に対して悪い印象を抱いている方も少なからずいらっしゃいます。まずはサラ金という物がどういう物かを理解しておきましょう。

サラ金とは何か

サラ金というのはサラリーマン金融の略称です。「借り入れについて調べていたけど聞いた事が無い」という方は、消費者金融と=の存在で考えておけば大体間違いありません。
(⇒消費者金融の特徴とは)

サラ金は身近な存在ではありますが、かつての時代において悪いイメージが重なる出来事があり、それゆえに今では消費者金融へと名称が統一されつつあります。従ってサラ金という名称を無理に使う事はありませんが、今でもこう呼ばれている場所は少なくありません。なのでまずはサラ金と消費者金融が同等の物である事は理解しておきましょう。

サラ金は悪い物として非難を浴びている場所も多く「それなら他の場所で借りればいいのではないか?」と最初は思うかもしれませんが、お金を借りるという事はサラ金でも銀行でも総じて『使い方次第で便利にも不便にもなる』という事はまず最初に理解しておいてください。
(⇒サラ金と銀行融資の違い)

サラ金は必要に応じて使おう

何も知らないうちから悪いイメージを持ってしまえばサラ金というのはさながら違法のようにも聞こえますが、現代においては『銀行とは違った便利さがある借り入れ先』というのが正しい認識です。
(⇒サラ金と違法業者の違いを見分けよう)

必要に応じていつでも使えるように、今後の記事にて正しいサラ金への知識をしっかりと身に付けておきましょう。

高額商品は専用ローンで!借り入れ枠にこだわらないローンの組み方

借り入れはケースバイケースで

サラ金などの自由に使える借り入れ枠というのは、既存のフリーローンなどに比べても非常に融通が利くのがポイントです。今まではお金を借りる度に申し込んで審査をして…と言うのが当たり前だった金融業界において、一度審査に通ればいつでも使える借り入れは他のどんな貸し付け方法よりも一般に普及しました。
(⇒サラ金とフリーローンの違いって?)

ゆえにサラ金というのは他の借り入れに比べて汎用性も高く、用途からタイミングまで自由という事で他の借り入れでしか対応できなかった事も、サラ金の借り入れはこなす事が出来るのです。人気が出るのも納得ですね。

ですが、何にでも対応できるという事は常に最適解とは限りません。特に住宅やマイカーなどを購入する際はまだまだ専用ローンを使われる事も多く、これらに関してはサラ金よりも便利である事が多いです。サラ金を便利に使う為にも、そうした高額商品の際に使い分ける意味を学んでおきましょう。

専用ローンで高額商品を買おう

専用ローンと言うのは例えば住宅なら住宅ローン、車ならマイカーローンといったように、その商品を買う時にのみ組めるローンです。当たり前ですが他の買い物などで組めるはずも無く、こうした専用ローンは対応商品購入時に相談して組む事になります。

専用ローンはサラ金などに比べて汎用性でこそ劣るものの、利点もあります。それは専用であるがゆえに金利が低く設定されている事でしょう。借り入れにおいて金利というのは人によるとはいえ、誰にとっても大事です。これが安いだけでも十分選ぶ価値があります。

さらに購入する物品を担保にするような形になる為、審査にも通りやすく使いやすいのが魅力です。多少のローンがあったとしても組む事が出来るので、難なく組めて無理なく払えるというのは、高額商品を買う際には大きな利点でしょう。当然払えないと購入した商品は自分の物にはならないので、計画的に払うというのはどの借り入れでも同じですね。
(⇒担保とは何か)

サラ金と専用ローンを使い分ける

このように、基本的には高額商品なら専用のローンを組むのが常道と言うわけなのですが、サラ金をあてがう事も限度額以内なら可能です。金利などを考えれば大抵は専用ローンの方がいいですが、組むローンのプラン次第ではサラ金の方がお得だったりリボルビング払いで返済ペースを調整したりも出来ます。

そのような場合にはもちろんサラ金を使ってもいいので、今の自分が使える借り入れの見比べはしっかりと行いましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >