サラ金

嫌がらせに負けないで!違法業者の陰湿な嫌がらせに立ち向かう方法!

性質まで陰湿な違法業者

違法業者というのは犯罪行為を行っているのですから、当然企業として貸し付けを行っているサラ金と違いなりふり構っていません。それが時として私たちに牙をむくのです。

例えば応対一つにしたってそうですが、親切丁寧な応対が多いサラ金とは違って口汚い言動も珍しくないのが闇金業者の実態です。守られるべきルールが違法業者には通用しないと思っておきましょう。

違法業者とサラ金の違いがまだ分からないという方もいらっしゃるかもしれませんが、今回お教えします違いを述べれば、違法業者というのがどういう存在かよく分かるはずです。サラ金と聞いて違法な業者と勘違いしないようにしましょう。

悪質かつ低俗な嫌がらせが違法業者の本質

再三言われている事ですが、違法業者にはすでにこちらからコンタクトを取っている時点で被害に遭う可能性が激増すると言っても過言ではありません。違法業者というのは大抵が携帯電話のみしか連絡先が無く、こちらが電話で連絡でもしようものなら、こちらの電話番号が知られてしまう事が大半です。この電話番号を入手する事も違法業者の思うつぼになるのです。

電話番号もそうですが、住所なども教える事により思わぬ嫌がらせを受ける可能性が極めて高くなります。例えば電話番号を漏らす事でいたずら電話などを繰り返し行って来たり、住所を知らしてしまう事で訪問を伴った違法行為に及ぶ可能性は極めて高いのです。個人情報に対して過剰とも言える意識の高さが懸念されている時代ですが、むしろ安全面を考えればそれくらいの方がいいのかもしれませんね。

そしてこうした違法業者同士というのは独自のネットワークで繋がっている事も指摘されています。一つの業者に漏らせば他の違法業者にも知れ渡り、似たような詐欺業者から声がかかってくる事例も多数あります。違法業者の特徴は早々に見抜き、連絡自体をしない事が最高の防衛法なのです。

嫌がらせを受けたら泣き寝入りしない事

こうした違法業者からの嫌がらせ行為で泣き寝入りしてしまう方も多いのが昨今では問題視されています。相手は法律などに疎いと気付くと巧みに弱みに付け込んできますので『どんな場合でも迷惑行為というのは犯罪に繋がっているので然るべき措置が取れる』という事を忘れずに、時には反撃に出る事も必要です。

違法業者には弱みを見せたらお終いです。正しい知識を身に付けて毅然とした態度で立ち向かいましょう。

申込みだけでブラックになる!?申し込みブラックとはどんな状態か?

申し込みにある危険性

金融関連でブラックと言えば、やはり真っ先に思い浮かぶのがブラックリストという言葉でしょう。実は正式名称では無いもののこの単語の浸透率は高く、ブラックリスト=お金が借りられない状況であるのは今までお金を借りた事の無い人でも分かるくらいです。

ブラック、という言葉自体が黒という意味で、あまり良い印象はありませんよね。実際世の中には様々な場面において「クリーンでない状態」を指す時に、しばしばこのブラックという単語が用いられます。ブラックと付けるだけで何だかイメージ的には良く無くなりますよね。

そして金融関係においてブラックというのはもう一つの使われ方があります。それは申し込みブラックという状態です。ブラックと付くくらいだからこちらも正式な名称ではありませんが、状況を表現する言葉としてはピッタリです。その内容についてお教えします。

申し込みブラックはどんな状態?

まず申し込みブラックというのを端的に説明すると、サラ金などに何度も申し込み、何度も審査に落ちるとこの状態になると言われています。事実、お金の借り入れの審査に落ちれば信用機関に記録されるし、落ちたという事実がある以上、当然次の審査の際に参照されて良いイメージは抱かれませんよね。

ただ、申し込んだ先が落ちたと言っても全ての借り入れ先で絶望的な結果になるというわけではありません。審査基準の違いから同じサラ金と呼ばれる会社同士であっても、審査結果が変わるのは珍しくありません。過剰な申し込み数で無ければ必要に応じて申し込み先を変えるのも大事です。
(⇒サラ金会社に複数同時に申し込んだら結果はどうなるの?)

ただ、申し込んでは落ち申し込んでは落ち…というパターンを繰り返すのは良くありません。『過剰で無ければ』申し込みを諦める必要はありませんが、それは常識的に考えて無理の無い数です。手当たり次第全ての金融会社に申し込むようであれば、この申し込みブラックという状態になります。

申込みブラックというのは、何度も申し込んで審査に落ち、それでも申し込みを諦めない人がなる状態です。落ちても落ちても諦めないところを見るとよっぽどお金に困っている…と審査段階で判断されるので、結果として申込みだけでブラックリストに載ってしまったような、審査に対して困るような状況になるのです。

無計画な申し込みは控えよう

このように、落ちても諦めないというのは回数を決めて行う事が大切だという事です。お金に困っているとどんな状況においても金策に走りそうになりますが、それは節度を持って行うようにしましょう。

一度でも落ちたら限度額を減らして応募するなど、自分の条件を見直すというのも大切です。焦らずに我が身をしっかり振り返りましょう。

審査が絶望的に!?借り入れ枠は事故記録を作らないようにしたい理由

審査最大の問題

基本的に借り入れ枠の審査というのは、受けてみるまでは結果は分からないと言っていいでしょう。インターネット上には様々な審査基準における憶測がありますが、どれも確定情報というわけではありません。公式が明示している情報以外は鵜呑みにしすぎるのも良くありません。
(⇒インターネットで公開されている情報はどこまで信用できる?)

とは言え、借り入れ審査における基本的に必要な項目というのはほとんど明らかなので、これらを守ればかなり有利になるのは間違いないでしょう。基本的な要素は出来る限り踏まえておきたいですね。

「これを守れば必ず通る!」という基準はなかなか無いですが、逆に「このような状態だとまず無理!」という条件はあります。通るに難く落ちるに易く、と聞くと理不尽に思えるかもしれませんが、そもそも審査の門前払いを受けるような状態は普通に暮らしていればなかなかありえません。あくまで今回はその必ず落ちるという状態を知識として知っておきましょう。

事故記録がある間は申し込みを控えよう

必ず落ちる状態と言うのは、信用機関に事故記録がある事が主に関わってきます。事故記録、と聞いても分からない方も多いかもしれませんが、金融関連におけるブラックリストと言った方が分かりやすいかもしれません。事故記録というのは正式名称では無い事は念頭に置きましょう。
(⇒信用機関に残る金融情報とは)

事故記録というのはサラ金などを利用してお金を借り入れたはいいものの、その後の返済を滞った場合に記録される情報です。これは各金融機関全てが共有できる情報の為、どこかで借りて返済できなかった場合、新規に借り入れ枠を作ったり、最悪の場合現在所持している枠の利用停止も十分にあり得ます。

返済の遅延が審査において致命的なのですから、当然破産宣告などを行っていれば申し込みは論外です。このような状態になってしまったらどうしようも無いので、お金の借り入れに関しては諦めて、まずは計画性を身に付ける事から始めた方がいいでしょう。

こうなる前に対処をしよう

借り入れ枠審査に対して絶望的なのもそうですが、この金融事故が多いと裁判沙汰になってもおかしくはありません。「事故記録が出来たから申し込みを控えればいいや…」で済む問題ではありませんので、事前に返済計画というのはきっちり練っておく必要があるのです。

裁判沙汰、と聞くと怖いかもしれませんが、逆に言えば借りたお金を返すだけでこの問題が発生する事は無くなります。普通の事をしていればいいだけなので、それが分かる方なら別途意識する事は無いでしょう。

サラ金と銀行カードローンは何が違うのですか?

お金の借り入れ先と言えばサラ金と銀行カードローンがありますが、どう違うのでしょうか?
(⇒サラ金と銀行カードローンの違い)

周りの評判を見る限りだと銀行カードローンの方が人気なのでまずは先にそちらに申し込み、それがダメだった時向けなのがサラ金という認識でいいのでしょうか?それとも先にサラ金から申し込むメリットもあるのでしょうか?

好きな方を選べとも思われるかもしれませんが、どちらにどんなメリットが具体的にあるかまだ把握できていませんので、分かりやすい回答をいただけると大変助かりますので、よろしくお願いします。

双方にメリットと違いは存在しています

銀行とサラ金が今では二大借り入れ先として定着しているので、双方の違いというのは気になりますよね。実際違いが無く質問者さんの言う通りサラ金が単なる銀行に落ちた時の保険であればサラ金の存在意義は薄いですが、二大と呼ばれる存在になるには下位互換のままではなる事はできません。つまり、きちんと双方にメリットと明確な違いがあるのです。

まず銀行カードローンが人気と言われているのは、その金利の低さと銀行という名前がもたらす安定感ですね。金利は借り入れを決める条件として重要であるのは有名で、さらに銀行というお金に関わるあらゆる業務を行ってきたという実績を持った名前は、一朝一夕では作れない魅力があると言えましょう。

その反面、審査が厳しく遅いというのが全体的な傾向です。中には即日融資に対応している銀行もありますが、最低二、三日は待つつもりで審査に申し込むといいでしょうね。

そしてサラ金が銀行とは違ったメリットがある言える点と言えば、審査の速さと無人機などによる対応力の高さですね。審査が早く即日融資に対応している事に加え、無人機の設置により事実上24時間対応で審査から借り入れまで出来るのはサラ金の大きな強みでしょう。
(⇒無人機を利用してサラ金を活用する)

そしてサラ金の欠点と言えば、銀行よりも全体的に高めに設定されている金利ですね。昔から続くマイナスイメージもあって金利が高いというだけでかなり毛嫌いされやすい傾向がありますが、金利以外で言えばサラ金を選ぶ意味は十分存在する事を忘れないようにしたいですね。
(⇒サラ金のマイナスイメージはまだ残ってる?)

総括するなら『とりあえず借り入れ枠だけを作っておきたい』なら銀行の方が便利で、『とにかく急いでいる&24時間対応してくれるような柔軟さが欲しい』なら消費者金融となります。この違いというのは文字にする以上に大きいので、自分の状況に合った方を使っていくと良いと思いますよ。

サラ金に申し込むなら真っ先に考えたい、サラ金を選ぶ理由とは?

申し込み前に考えておく事

お金を借りるには、何はともあれ申し込みが必要となります。この申し込みを経て審査をしてもらい、審査に通過した後にサラ金の場合、いつでも借り入れ自由な枠が与えられる事になります。
(⇒自由な枠を使って便利な借り入れ)

基本的に今現在の借り入れはカードで行う事が多く、実際に使う分にもその形態が多いのですが、まだ銀行融資なども使われており、こちらの場合は旧来の形で借り入れる事も珍しくありません。どちらにせよ法人で無ければ大抵はカードを使う借り入れとなるでしょう。

この申し込み…特にサラ金に申し込む場合、事前の準備などを置いておいても、考える事がまた別にあると言えます。基礎的な事ではありますが、初心者で複数の借り入れ先との比較が出来ていないなら、是非一度読んでいただく事を強く推奨いたします。

本当に『サラ金』に申し込むのか?

サラ金に申し込む前には「本当に申し込み先がサラ金と呼ばれている業者でいいのか?」という事を出来るだけ様々な知識を得た後に考えておきたいところです。サラ金というのが一昔前の評判の悪い業者のままだったら申し込まない方が良い場合も多いかもしれませんが、消費者金融として改めた今だからこそ、他にはないメリットが活きるかどうかを確認しておくべきなのです。

具体的にはやはり審査の緩さから来る融資までのスピーディーさですね。さらに無人機によるこちらの都合に合わせた審査から利用までが出来ますので、これらが最優先で必要と考えるなら、サラ金に申し込みを決めたのは賢い判断と言ってもいいでしょう。
(⇒サラ金の無人機が生み出すメリット)

ですが、同時にサラ金の金利が銀行などの借り入れ先に比べて高いという事も忘れてはいけません。必要な時にお金を用意出来る事が借り入れには欠かせない要素ではありますが、余裕がある時に借り入れ枠を作っておきたい…と考えるなら、銀行のカードローンを選択肢に追加した方がいいでしょう。

サラ金であるメリットが活かせれば問題無い

今回お教えした申し込み前の考える事というのは、サラ金を選ぶ理由としては最もスタンダードで後悔しない基準を用いて説明いたしました。それ以外にもサラ金である事に魅力を感じられるなら、すぐにサラ金を申し込んでも構いません。

金利という分かりやすいメリットに比べてサラ金のメリットは中級者向けともいえる内容です。申し込み前はしっかりと吟味しましょう。

サイトマップ

ページ 1 of 4 : 次のページ

投稿

サラ金



<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17