サラ金

返済日に間に合いそうにないのですが、一度くらいなら大丈夫ですか?

返済日に間に合いそうにないのですが、一回くらいならペナルティも無しで済みますか?

今までは借り入れの返済を滞らせた事は無いのですが、つい最近出費の都合でどうしても返済までお金を回せなくなってしまいまして…それまでは無事に完済した経験もありますし、一回くらいなら信用情報などに傷はつきませんか?それとも一回でも遅れると今後に重大な影響があるのでしょうか?
(⇒期日までに返済できないとどうなる?)

返せないというのは揺るがない現実ですので、せめてペナルティが発生するならそれの対策なども教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

残念ながらそれまでに関係なく遅延は遅延です

質問者さんは今までは真面目に返済されていたという事で金融業者からの信頼も厚いと思いますが、残念ながら、一回でも返済の遅延は遅延として信用機関などに記録される事になります。
(⇒信用機関にはどんな情報が残る?)

サラ金や銀行に関係なく、お金を借りるという事にあたって返済期日に間に合わないという事は、例外なく遅延の金融事故記録になってしまいます。それまでの完済などの実績が消えるというわけでは無いのですが、やはりどうしても良い情報よりは悪い情報が目立ってしまいますので、最悪の場合は利用停止や借り入れ枠の契約解除も無いわけではありません。
(⇒借り入れにおける信頼実績で何が変わる?)

また対策というわけでは無いのですが、返済期日に遅れるとしてもやはり連絡の有無によって変わる事はあります。それこそ心象の違い程度かもしれませんが、信頼というのはただ単に実績や数値だけで割り出されるものでもありません。きちんと事前連絡を入れる事で便宜を図ってくれる事が全く無かったという事もありませんので、初めて遅れるようなら理由をきっちりと説明すれば、被害は最小限で済む可能性は増えます。

近年では黙って返済を遅れたままにする人が問題になっていますが、質問者さんはそんな事のないように、誠実な応対をして下さいね。

主婦の方が申し込む前に読んでおきたい、普通の借り入れとの違いとは

サラ金申し込みの特例

サラ金を申し込むのはお仕事がある方だけ、と思っていませんか?収入=仕事をしているというわけでは無いように、収入があって返済能力を持っているというのは、仕事によって完全に決まるわけでは無いのです。

サラ金申し込み用紙の職業欄があるように、仕事の形態などによって記入場所が変わり、それだけ審査の際に見られる点も変わってきます。例えば学生ならアルバイトの有無を見られるように、立場によって必要とされる事は形を変えていくのです。
(⇒学生がサラ金に申し込む際の注意点)

そしてサラ金には主婦の方も申し込む事ができます。ここでの主婦というのは専業主婦の事を指し、パートなどに勤めてない事を前提に内容を説明しますので、普通の申し込みとの違いについてしっかりと見ていって下さい。

主婦がサラ金に申し込みをした場合の違い

近頃のサラ金のパンフレットやホームページを見てもらえればお分かりになるように「主婦の方でもOK!」と表記している場所がとても増えています。現代では主婦の方が申し込む事が増えた為の業者側の配慮で、それに伴って主婦の方が申し込んだ場合の審査も若干違いものとなります。

まず、主婦の方が申し込むなら夫の方の同意が必要になります。例えば主婦の方が内緒で申し込んで使おうとしても、夫の方の許可が必要になるので、それは出来ないという事です。やはり支払い能力のある方が審査には重要ですので、それは次の基準でもよく分かると思います。

それは、主婦の方が申し込んだ場合は夫の年収が参照されるという事です。これは主婦の方の名前で作ったとしても、支払い能力は夫に依存しているという事になりますので、夫の方の年収をきちんと把握しておく事が大事です。

以上の事から分かるように、どちらかと言えば妻の方が作るというよりも夫の方の代理として主婦の方が申し込む、というニュアンスの方が強いと言えましょう。夫の方の同意が必要な時点でそれは明白で、妻の方の所有物という風にも一概に言えないでしょう。

とはいえ一緒に生活をしているのですから、互いの為に使うというのは大事な事です。名義人などにはこだわらず、家族で協力して借りたら返済していくという風に考えましょう。

主婦の方が借り入れ枠を持つ理由

だとしたら「妻じゃなくて夫が申し込んだ方が早いのでは?」と思うのも最もです。ですが、借り入れ枠が出来てカードが発行された場合、原則として名義人以外の方が使うのは規約違反になってしまいます。ゆえに昼間家で家事をしている主婦の方の名義で作っておく方が、いざ必要になった時にも対応しやすくなるので、そうした利点があるという事は忘れないようにして下さい。

家族共有の目的で使うのなら、きちんと使い道を知らせてから借り入れるようにして、誰か一人に負担をかけ続けることの無いようにしましょう。

支払いは口座引き落としで!最も合理的な返済方法を意識する考え方

月々の分を返済するなら

サラ金の借り入れ返済は、まずは月々の支払い分を確保する事から始まると言えます。この金額を遅れずに返済していくだけでも、とりあえず返済についての問題の大部分は解消できます。
(⇒返済は期日を厳守する事から始めよう)

月々の返済には返済形式としてはリボルビング払いが有名ですが、その金額を支払う方法もまたたくさんあります。任意返済であればATMを利用するのが無難ですが、月々の支払いについては、もっと便利な方法があります。

その方法とは口座引き落としです。特に意識せずこの支払い方法を選ぶ人も多いですが、改めて見るとこの方法が一番合理的とも言えますので、改めてその魅力について確認してみましょう。

口座引き落としの便利さ

口座引き落としというのは、所持している銀行の口座から決まった日に毎月引き落とされる方式です。光熱費などの支払いもこれで行っている人も多く、今更説明が無くともご存じの方も多いですよね。

サラ金で借り入れを行って口座引き落としする場合、最初に申し込み用紙を記入する際に、引き落とし口座の記入欄があるはずです。そこに口座の番号などを記入する事で、申し込みの際に支払い方法を指定する事が出来るのです。後日変更も可能なので問い合わせてみましょう。また、銀行の認印などが必要になるので、予め用意しておくと楽ですね。
(⇒借り入れ申し込みに必要になる物)

口座引き落としの利点と言えば、手数料が発生しない事です。銀行振り込みの場合は振込手数料はこちらが負担しないといけないのですが、引き落としなら往々にして余計な費用は発生しません。わずかながらも返済の負担を減らす事に繋がるのです。

また、ATM操作と違って出向いたりする事無く、口座にお金を入れておくだけで返済が終わるのも魅力的です。忙しい方にも向いている支払い方法と言え、スタンダードながら非常に合理的と言ってもいいでしょう。
(⇒ATM返済はどんな時に使う?)

それ以外の方法も併用してみよう

基本的に困る事の無い口座引き落としですが、毎月の支払いのみに対応しているので、任意返済にはさすがに使えません。なので素早い完済を目指すなら月々の支払い分を増やしたり、ATMからの任意返済を併用したりするのを忘れないようにしましょう。

毎月の支払いを調整できるなら引き落としだけでも管理は可能なので、自分のライフスタイルに合った支払いを心がけておきましょう。

返済計画が立てられない人に返済シュミレーションが勧められる理由

返済プランを想定してみよう

なかなか思う通りにいかないのがお金にまつわる事ですが、それを解決してくれるのがサラ金などの借り入れです。借り入れる事で足りない部分を補うのはチャンスにもすぐに対応できるという事なので、例え金利が発生したとしても時にはそれ以上の価値があるでしょう。

思う通りにいかないのを補うのが借り入れですが、返済まで思うようにいかないのは問題です。返済というのは期日までに必要なお金を用意する事が絶対ですので、それが思ったようにいかないのは返済プランに問題がある証拠でしょう。
(⇒返済は必ず期日通りに行おう)

返済は事前の計画が大事ですが、今までに借り入れを利用された事が無い方や金銭管理が苦手と言う方にとってはなかなか十分な計画は立てられないと思います。そんな時は相談窓口などに向かうのが確実ではありますが、サラ金は無人機が多い為に窓口が近場に無い事も多いですよね。
(⇒窓口相談をして借り入れ返済を確実なものにしよう)

そこでもっと手軽な返済プラン確立の為、返済シュミレーションを使ってみてはどうでしょうか?主にインターネット環境などが必要になりますが、携帯電話からも利用できる物が多いので、多くの方が利用可能と言えましょう。

返済シュミレーションで事前に計画を練ろう

シュミレーションと言えば申し込みのシュミレーションもありますが、返済シュミレーションというのは会社を問わずに使えるものが多く、金利などを自分が借りるものを想定して行えるのが強みです。
(⇒申し込みシュミレーションで分かる結果とは)

この返済シュミレーションを使う事により、どれくらい借りたら月々の支払いはいくらにするか、そしていつ終わるかまでが表示されます。自分が今から借りようとしている場所の金利と自分が余裕で返せる金額を入力する事により、状況の想定が簡単に行えるのです。

あくまでもシュミレーションであり、実際に返済中にプラン変更などをすると都度結果は変わる事になります。多少多めに見積もっておくなどして、変化にも対応できるようなシュミレーションを心がけましょう。

事前の準備はしていればしてるだけ良い

事前の準備が出来ないくらい緊急ならともかく、普通に借り入れ枠を作って利用するなら、詳細な返済計画があればあるほど楽になります。事前の準備は怠って困る事はあっても、過剰で困る事は必要なタイミングの有無以外では困りません。確実に返せるプランを立てておきましょう。

シュミレーションは特に実践的に行える機能ですので、利用できる環境があるなら積極的に活用してみましょう。

サラ金を計画的に使う!まずは利用目的を絞り込む計画性を身に付ける

サラ金は計画的に

ご利用は計画的に、というキャッチフレーズは借り入れにおいてはほぼどこでも目にすると思います。それだけ借り入れにおいてはサラ金であっても銀行カードローンであっても重要という事で、むしろお金に関わる事は全て計画性が求められていると考えても構いません。
(⇒サラ金と銀行カードローンの使い分け)

計画性というのは様々なところで使われ、状況に応じてその意味の向かう先も違ってきますが、サラ金において計画性というのは『一体どんな事に使う為に借り入れを行うか』という事が真っ先に関わってきます。

サラ金というのは専用ローンと違って用途自由な借り入れの為、どんな事で使うかどうかを検討するのは一見してお門違いに思えるかもしれません。ですがありがちな勘違いとして『用途が自由=何にでも使ってもいい』というものが挙げられます。計画性が最初に関わる事として、サラ金の使い道についてしっかりと考えてみましょう。
(⇒専用ローンで高額な買い物を賢く済ませよう)

サラ金の使い道は慎重に

用途が自由なら何にでも使えるというのは間違いありませんし、それがサラ金の魅力の一つというのは事実です。ですが、これを勘違いしている若しくは考えていない人が多く、そうした方がかつてのサラ金で破産する事になってしまい、同時にサラ金のイメージを著しくダウンさせた原因でもありました。
(⇒サラ金は何故イメージが悪かったの?)

具体的にどうすればいいかなのですが、それは『サラ金を使わないといけない出費を絞る』という事です。言葉にすれば簡単に思えますが、自制心や先ほどから言っている計画性が無いとこれを絞る事が意外と難しくなります。

必要な出費の概念に関しては各個人に依る部分が非常に大きいのですが、サラ金がお金を借りる事である以上、例えば急な怪我で多額の治療費が必要になってしまった、親戚が結婚式でご祝儀を用意できない…と言ったように、突発的で尚且つ欠かせない費用である事が第一です。これらを満たしているなら借りても問題にはなりません。

逆に突発的で無い、慢性的に発生する費用にサラ金を充ててしまうのは良くありません。慢性的に必要な費用というのは一度借りてもどうにもならずに結局何度も借りる事になってしまい、返済が終わる気配が一向に見えなくなります。一時凌ぎでは無く何度も借りないといけないような場合は泥沼にはまっていくのが目に見えていますね。

計画性でもって使い道を決める

計画性というのは返済を行う際にも重要になりますが、こうして借りる前の用途を決める時にもとても大事になるのです。計画的な借り入れ目的というのは足りない部分を補うサラ金の用途しては実にベストな選択とも言えるので、その場合は迷わず使ってしまいましょう。

計画性があればサラ金を使うにあたって様々な場面で活きてきます。まずは借りた場合にどれだけかかるか、きちんと返せるかを自分でプランを立ててみて、計画性を先に養っておくのもいいでしょう。
(⇒借りる前に返済プランを固めておこう)

悪質な取り立てに用心しよう!違法行為から闇金を見抜き負けない方法

取り立ては過去の話

昔から借金と言えば取り立てを想像される方は多いでしょう。何故お金を借りる=取り立てというイメージなのかと言いますと、現実に基づいたテレビで借金に苦しむ光景として取り立てを受けている描写が多く、その際に柄の悪い人が取り立てに来るという演出が印象に強いからでしょう。一応は現実にあった事を再現しているのですが、テレビという事で幾分か過剰なのは覚えておきましょう。

当たり前ですが、今となっては違法な取り立てをサラ金などの国に認められた貸し付け業者が行う事はありません。昔のイメージが悪かった頃のサラ金ならともかく、今は金融関係への決まりは厳しく、違法行為を行おうものなら営業停止も珍しくはありません。「お金を借りると取り立てが来るんでしょ?」と勘違いしている方はまずは安心しておいてください。

ですが、そのような取り立てが行われる可能性は無いわけではありません。もちろん強引な取り立ては違法行為なのでサラ金が行う事はありませんが、違法な事でも平気で行う業者…闇金融などはまだこれを行っているのです。
(⇒闇金業者の存在について)

闇金の違法な取り立てに注意しよう

違法な取り立てがあって気付くのは少々遅いと言わざるを得ませんが、闇金業者などは直接家まで尋ねてきての強引な取り立てを行う事は珍しくありません。それこそテレビなどで再現されている光景がそのままあり得るのです。これもサラ金と違法業者の大きな違いと言えるでしょう。

こうなってしまっては遅いと言わざるを得ませんが、それでももしも闇金に騙されて借りてしまい、返せなくなってこうした脅しまがいの取り立てが来訪すれば、相手が行っている事が違法行為なので然るべき処置をする事は可能です。警察などへの連絡はしておき、自分の身だけはしっかり守るようにしましょう。

こうした違法行為などを平然と行い、それこそ命に関わるような危険に巻き込まれる可能性が高いのが闇金業者の本質です。借りても返せれば…なんて幻想は捨て去り、最初から借りない、違法行為を受ければ対処するなど毅然としなくてはなりません。

サラ金は違法な取り立ては行っていない

昔のイメージゆえにサラ金で返せないとこのような取り立てが来ると思っている方が多いですが、サラ金が違法な取り立てを行う事はまずありません。払えないと督促の為に取り立て人が訪れる可能性がありますが、法に従って応対してくるので返せないこちらが完全に悪い格好になります。

サラ金の場合は返せないこちらが悪いのですが、闇金に関しては返せる条件ではありませんので、万が一騙されて利用しても自分が悪いからと払わないようにしましょう。

営業外ではどうなる?気になる審査の土日祝日における進行具合は?

審査が行われる日

サラ金は申し込みが受理され次第審査が始まります。審査が開始されれば基本的に仮審査はすぐに終わる事が多く、その後の本審査も時間次第ではすぐさま通過する事も無いわけではありません。
(⇒仮審査と本審査の違い)

ですが、金融機関…特に銀行であった場合は営業日と非営業日に分かれている事がほとんどです。当然非営業日であればほとんどの手続きは停止しており、使えるのはATMによる返済と借り入れくらいのものになってしまいます。

そんな非営業日における審査はどうなっているのか?急いでいる方なら特に読んでもらいたい結果を調べてきました。

土日祝日が与える審査の影響

土日祝日と言えば一般の方であればお休みの方も多く、借り入れ枠を作る為に申し込みをするにもお休みの日であれば何かと便利ですよね。郵送にせよインターネットからの申し込みにせよ申し込む事自体は可能ではありますが、審査は基本的に、土日祝日を挟むと翌営業日に進行する事になります。
(⇒インターネットからサラ金を申し込んでみよう)

これは急いでいる方にとっては困った事にもなりかねませんが、営業日を定めている以上は避けられない事でもあります。基本的には平日の間に申し込み、手早く審査を進めてもらうようにすればいいでしょう。例えば夜中に申し込みした場合、翌日も平日なら営業時間になれば審査が開始される事となります。当然本人確認などの連絡も非営業日なら来ない事になりますので、スムーズに審査を終えるなら平日内に全てを終わらせておきたいところです。

ですが、急いでいる方に対応する為の方法が無いわけでもありません。サラ金の代名詞とも言える無人機なら24時間その場で審査から借り入れまで行えるので、本当に急いでいるなら銀行よりもサラ金の方が即応性が高いと言えるでしょう。即日融資も夢ではありません。
(⇒即日融資はどうやって申し込むの?)

営業日を確認しておこう

以上の事から銀行は大抵が土日祝日が休み、サラ金は無人営業所なら年中無休というのは大体の法則ですが、営業日が別途記載されていればこの限りではありません。銀行によってはネットバンクなどの土日も受け付けている場所もありますので、営業日についてはしっかりと見ておきましょう。

時間に余裕があるなら気にする必要はありませんが、急いでいる方ならしっかりと確認しておきたい点ですね。

金融業者の名前はちゃんと見た?名前にまつわる情報を調べる意味合い

情報収集は最大限に活かす

インターネットが普及した今、借り入れに関する情報もインターネット検索で調べる方は非常に多くなっています。その検索頻度に対するように借り入れに関する情報は充実しており、ただ単に『借り入れ』と検索した場合、膨大な数の情報に驚く事でしょう。

事前に情報収集するという事は、サラ金を上手く利用する事以上に失敗しない事を念頭に置いて探している方も多いでしょう。まだまだ闇金業者の数は多く、例え事前知識があってもお金に困っていたら判断力の欠如からその毒牙にかかる可能性はあります。それだけは避けたいですよね。
(⇒闇金業者の手口とは?)

従ってサラ金の情報を収集するにあたり、調べておきたい基本的な事と言えば、借り入れようと思っている会社の名前ですね。あまりにも当たり前過ぎて調べるまでも無いと思うかもしれませんが、その油断に足元をすくわれる可能性は、決して軽視できないものなのです。

サラ金の名前は慎重に調べる

有名なサラ金会社であればテレビCMや広告などで十分な知名度があるし、相応の信頼もあるので安心して使えます。ですが、インターネット検索などで調べていると『とても条件が良いのに聞いた事も無い金融会社』に行き着く可能性が無いとは言えません。その時、申し込んだりする前にやっておきたい事があります。

それは例えばインターネットならば『業者名 詐欺』という風に検索をする事により、もしもその業者が詐欺ならば警告するようなサイトが出てくる事が多いです。インターネットというのは情報の発信が現実よりも極めて容易な為、今現在では広めるべき情報はまずインターネットから広められている事が多いです。それならば使わない手はありませんね。

特に名前というのは大手サラ金会社を偽った闇金業者というのも多数発見されています。中には貸付業務を行っていない大企業を偽っている事例もありますので、少しでも「こんな金融会社あったっけ?」と思ったら調べるようにしておきましょう。
(⇒闇金業者の名前を利用した巧妙な手口)

名は実績を表す

金融業界が活発とはいえ、今現在大手とされている業者と言えばある程度は絞られてきます。それらの会社はどこかで聞いた事のある名前に加えてしっかりとした実績も持っています。特に初めて借りるならば、それらの大手に申し込む方が安全でしょう。

名前というのは最もオープンで、同時に不正にも使われやすい概念です。ある程度の疑いも持つ事を忘れないようにして下さい。

あなたに忍び寄る闇金の存在!違法な業者に騙されない為の基礎知識

暗躍していた存在

サラ金には悪いイメージが未だに付き纏っており、さながら違法業者のような印象を抱かれたり、サラ金で借りる事自体が悪い事のように扱われがちです。

お金を借りる事自体がどうしても後ろめたい印象を持たれてしまいますので、ある意味では多少は仕方がない事と言えましょう。ですが、火の無いところに煙は立たないというのも事実であり、お金に関してのトラブルは昔から絶える事がありません。それはサラ金というよりも、違法性が高い存在に言える事です。

そしてお金に関して違法な業者と言えば、闇金融業者において他なりません。金融知識が浅くとも闇金という言葉は聞いた事があるかもしれませんので、これからお金を借りようと思っている方は、確認の意味でも闇金に騙されない知識を身に付けておきましょう。

違法な金融業者の闇金とは

まず最初に言うなれば、サラ金が闇金というわけではありません。サラ金と言うのは現代における消費者金融であり、今では金利なども改定され、返せないような条件を付きつけてくる事はまずありません。

闇金というのは現代において届け出をしておらず、また法定金利なども守っていない悪徳業者です。当然違法な存在であり、摘発対象ともなっています。基本的には何も知らない方を騙してお金を貸し付け、法外な金利を要求して利益を上げる業者を指します。

さらに言うなら彼らにはルールなんて存在していないので、恐喝まがいの取り立てや陰湿な嫌がらせなど、精神的にも追い詰めてお金を巻き上げようとしてきます。これらは当然犯罪行為なので警察に届け出れば良いのですが、闇金にも独自のネットワークがあるのか、一度騙された方にはしつこく闇金業者が付け狙ってくる事が多いです。まずは騙されない事から意識しておきましょう。

闇金には絶対頼らないように

比較的審査が緩めのサラ金ですが、いよいよ追い詰められている人はサラ金の審査にすら通らないという方も多く、その行き着く先が闇金というのも良くある話なのです。ゆえに闇金に引っかからない事もそうですが、そうなるまでお金に困るような生活をしないように心がけておきましょう。

どんな借り入れもどうしても必要にならない限り、無駄遣いしないというのが鉄則です。この無駄遣いが闇金へ続く道だと思っておきましょう。

破産宣告は借金に困れば使っていいの?

破産宣告っていうのは借金に困ったら使ってしまってもいいですか?

破産宣告は要は『借金が返せないから負債を免除してもらう』という事ですよね?それなら借金に困れば頼ってしまっても良さそうなのですが、あまり周りではしている人が居ませんので、何か大きなデメリットでもあるのかが気になります。

今現在借金があるわけでは無いのですが、今後借金に困った時に備えたいので教えて下さい。

破産宣告は本当に最後で最悪の場合にしか使わない方が良い

少なくとも一言で答えを表すなら『破産宣告は本当にしないと死ぬしかないくらい追い詰められた人が使う最後で最悪の方法』です。大げさに聞こえるかもしれませんが、正直これくらいの気概が無いのに軽々しく使うものではありません。かつてサラ金がまだまだグレーな存在であった頃ならともかく、現代社会でこれが頻発に起こるようなら経済自体が破綻していそうな話です。

また質問内容から察するに『破産宣告は借金に困ったら使える手段』くらいに認識されていそうですが、破産宣告というのは原則人生で一度しか使えない最終手段です。もしもこれが何度でも使えていたとしたら、金融業自体の存続が危ういところです。つまりは気軽に数十万の借金で使おうものなら、今後の人生において最後の手段を丸々一つ失う事になります。使わないに越した事はないのですが、それがどれだけ重大かは計り知れません。

さらに、サラ金を始めとした借り入れどころか、何かを買う為のローンすら組む事が出来なくなります。いつも現金払いをしていれば良いと思うかもしれませんが、携帯電話の月賦といった誰もが使っている身近なローンすら組めなくなるのは、現代水準における人間らしい生活に大きな支障を生みます。
(⇒専用ローンと借り入れの関係)

他にも財産になり得るものはほぼ全て差し押さえられるなど、破産宣告後は人間として暮らせる最低限の条件すら残りません。向こう数年は金融関係の利用が出来なくなる事も加えれば、文字通りの質素な生活を余儀なくされるのです。今借金に困っていない状態であるならば、今のうちから破産宣告に対する甘い考えを捨て、どうすれば借り入れをしても困らないかという計画性を身に付けておきましょう。それが他でもない自分の為になりますよ。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >