サラ金

リボルビング払いって何?負担の少ない返済方法を徹底解説!

支払い方法の基礎

借り入れにおいて返済はつきものであり、この返済方法をどうするかによって、私たちへの実質的な負担が決まる事になります。当然一日でも早く完済するのが一番ではありますが、返済日に遅れずに、尚且つ無理なく用意できる金額である事が最優先です。
(⇒借り入れの返済日を厳守したい理由)

返済の支払い方法というのは何も一つではありません。月々の支払い方法一つとっても複数ありますし、任意返済をそれに含めると豊富な返済方法の数々に、最初はどれがいいか迷う事になるでしょう。
(⇒任意返済が勧められる理由)

月々の支払い方法としては、リボルビング払いが今現在のサラ金や銀行カードローンの支払い方法のスタンダードとして普及しています。リボルビング、というのは実際利用していない人にとっては聞き慣れない単語だと思いますので、今回はその仕組みについて簡単に解説いたします。
(⇒サラ金と銀行カードローンはどちらがお得?)

リボルビング払いの特徴

リボルビング払いというのは、借り入れ額に応じて変わる最低額以上を返済すればOKという返済方法です。これだけだと普通に月々固定払いとの違いが分かりにくいかもしれませんね。

このリボルビング払いの利点というのは、非常に少ない負担から月々の返済が可能という事です。借り入れ額にもよりますが、数千円からの返済でも大丈夫な場合があり、家計にあまり余裕が無いという方でも無理なくじっくりを返せるのが魅力です。最低額以上ならいくらでもいいので、もちろん多めに設定して素早く終わらせる事も可能です。

ですが、欠点もあります。それはまず返済したお金は金利の返済に充てられるので、支払額が少ないと非常に完済まで時間がかかるという事です。それを知らずに最低額しか支払っていない場合、月々の負担が少なくても、トータルで長期間に渡って金利を払い続けないといけなくなります。このトラブルはリボルビング払いが普及してから一つの問題となっています。

さらに金利から減っていく都合上、残りの残高がどれくらいかを把握しにくいのもマイナスです。月々固定支払いでも金利は同じですが、あちらは明確な終了時期なども分かるので、全体像を把握するなら固定の方が楽なのです。

利点を活かし、欠点を無くそう

その為、リボルビング払いは変則的な支払いに強いと言えます。例えば余裕の無い月は最低額にしてもらって無難に返済しておき、余裕があるなら多めに返済する事で、家計に合わせたフレキシブルな返済が可能なのです。細かい金額設定もあるので、家計簿などで家計管理をしているならより細やかな設定が可能でしょう。

支払い方法にメリットとデメリットはつきものなので、リボルビング払いの時はこのように操作するようにしてみると良いでしょう。

返済の相談は恥ずかしい事じゃない!時には人と対面する事が必要な訳

借り入れに人は必要か

サラ金がとても便利である象徴として、無人機という設備が挙げられると思います。無人機と言うのは文字通り無人にて各種手続きなどを行ってくれる設備で、これのおかげで人目を気にせずに借りられると喜んでいる方も多いでしょう。
(⇒無人機が生み出すサラ金のメリット)

お金を借りるという事はどうしても後ろめたいというイメージが払拭しきれておらず、消費者は可能な限り人目に付かない事を望み、業者側もそれに応じた受付から貸し付けまでを整えてきました。その結果として無人機やインターネット対応が進化していったと言っても過言ではありません。
(⇒インターネットで変わったサラ金)

人と直接触れ合う機会がめっきり減ったサラ金ですが、それでも人と対面する事を完全に排除したわけではありません。むしろ対面しての、もしくは話すだけでも交えての利用を望む声もあるのです。

返済も時には相談が必要

返済計画というのは重要で、期日に遅れずに、尚且つ自分に無理なく返せる金額などを制定する必要があります。普段から金銭管理を行っている人なら具体的な目標も立てやすいかもしれませんが、みんながみんなそうというわけではありません。むしろ金利などの加算も加われば、専門知識がないと完璧な計画は出来上がりにくいでしょう。
(⇒サラ金は遅れずに返すのが基本)

そんな時に必要とされるのが係員との相談です。無人機の爆発的な普及もあってなかなか選択肢に挙がらないかもしれませんが、人が居る営業所なら相談窓口も当然設置しているのです。

窓口で対面しての借り入れは恥ずかしい…と思うかもしれませんが、そんな方の相談を受けるのが係員の方の仕事ですので、割り切って話をしてみましょう。ちょっとの恥を忍べば相談に乗ってもらえるし、返済プランを詳細に煮詰めてどれくらいに終わるのかも把握できれば、それは今後の返済においてプラスになるのは間違いありません。

どうしても対面が苦手なら電話でもいいので相談しましょう。サポートダイヤルに電話すれば応対してもらえますので、返済計画や疑問への質問をしっかりと伝えておきましょう。

相談する事もお金を借りる事も恥ずかしい事では無い

お金を借りる事も返済について相談する事も決して恥ずかしい事ではありません。むしろ必要だと思って利用し、そして相談してスマートに返済する事は立派と言っても差し支えないでしょう。

強いて言うなら、無計画に借りて返済できなくなった時はさすがに多少の恥を感じた方がいいかもしれません。そうならない為にも相談は遠慮なく行いましょう。

外国人の方が気を付けたい、サラ金申し込み時の日本人との違い

どんな人でもサラ金は申し込める

サラ金というのは働いていれば原則誰でも借りる事が出来ます。例え学生であってもアルバイトなどで収入があればサラ金に申し込めるように、収入があれば申し込み自体はそこまで躊躇する事はありません。当然、自由業のように変則的なお仕事の方でも申し込みはできます。
(⇒自由業でもサラ金で借りる事は出来る)

世の中には様々な人が居るように、人の数だけ条件があるとも言えます。サラ金のような金融業者はその多くの条件に合わせるように日々工夫し、色んな人に融資が出来るように形態を変えてきました。

その中でも国外から来て日本に住まう外国人の方は、果たして日本国内の融資が受けられるのか?簡単そうに見えて難しい問題について調べてきました。

外国人がサラ金を利用するには

収入がある事がサラ金の申し込み条件であるなら、外国人の方と言えど日本国内でお仕事をされていれば、申し込みを迷う必要はありません。慣れない土地で大変な事もあるでしょうし、色々と用入りになるのは想像に難くありませんね。

ただ、やはり日本人の方に比べて多少の制約はあると見てもいいでしょう。日本に永住できる権利があればもう日本人として審査を受ける事も同義ですが、そうでない場合は注意すべき事がいくつかあります。

まずは外国人登録証など、身分証明となる物の期限です。さすがにこれがあまりにも短すぎる場合、審査を終えても使う期間も短すぎるので貸付側としても判断が難しいところです。

当然、旅行などの限定された期間で日本に来ている場合、作る事は諦めた方がいいでしょう。日本国内で作るサラ金の借り入れ枠は日本で使う事が目的となっています。短期滞在のついでで作るようなものではありませんね。

また、当然ながら申し込み用紙などは日本語で記入する必要があります。外国から来られた方には「日本語はある程度話せるけど書くのは無理」という方を多く見かけます。ご本人が記入しないといけませんので、日本語が出来る親しい方に手伝ってもらうのを忘れないようにしましょう。

サラ金は人種を問わず便利

外国人だとやはり日本人の方よりも申し込みにおいて制約があると言うべきですが、作る事ができれば借り入れ枠というのは非常に便利です。お金というのは単価が違えど、国や人種に関わらず生きていく上で必要です。外国人の方でも作れるなら一つは借り入れ枠が欲しいところですね。

借り入れ申し込みに行きたいけど人目はどうにかできませんか?

借り入れ申し込みに行きたいのですが、どうしても人目が気になります…。

つい最近友人の結婚式や親戚の葬儀などが重なり、次の収入までかなり手持ちのお金が心許ない事になってしまっています。なのでどこからかお金を借りる為に申し込みに行きたいのですが、私は小さい頃から神経質と言われているだけあって、誰かからお金を借りているという風に見られていると思うと非常に居心地が悪く感じてしまいます。

お金に困っているからそんなの甘えだ…と仰るかもしれませんが、自分でもなかなか治せない癖みたいなものなので、本当に苦しいのです。どうか人目に付かずお金を借りられる方法がありましたら、お教えいただきたく思います。身勝手かもしれませんが、神経質を治すという回答以外でお願いします。

人目に付かず借り入れを申し込む方法はもちろんあります

心無い人なら神経質であっても無配慮な事を言ってきて傷つく事もありますよね。私も質問者さんほど深刻ではありませんが、お金を借りる時に人目があるとやはり躊躇してしまうので、少しとはいえ気持ちが分からないとは言えません。

借り入れ申し込みなのですが、実は結構人目に付かず申し込んだり利用する事が可能ですよ。例えばサラ金の無人営業所の無人機なんかはその最たるですね。無人営業所には窓口自体が無く係員も居ない分、機械のみの相手で全ての手続きが終えられて便利です。

また、ご自宅にインターネット環境があるなら申し込み先が対応していれば、インターネット上で全ての借り入れ申し込みが可能です。これなら外に出る必要すらありませんので、ある意味では一番オススメになりますね。

借り入れ枠を作れたのはいいものの、借り入れ専用ATMを使うのは気が引ける…というのであれば、上記のインターネットを利用して『まずインターネットから自分の口座に借り入れを振り込んでもらう→自分の口座から引く』という風に操作すれば、自分の貯金を降ろす感覚で操作できますので、実際にお金を取りに行くときも抵抗が少ないはずです。
(⇒インターネットで操作できる借り入れを使ってみよう)

今回の方法を組み合わせれば完全に誰にも見られずに借り入れを利用する事も夢ではありません。無理をせず、自分が使いやすい方法を取り入れて利用してみて下さいね。

解約も上手く使おう!不要な枠を手放すメリットとデメリットとは?

場合によっては解約も検討

サラ金で借り入れ枠を作るという事は、一昔前のバブルの時と違って貸す側も慎重になっています。銀行に比べて審査が緩いと言われているサラ金においても、昔に比べれば随分と審査も厳格になってきました。

審査において良く見る項目と言えば、信用情報における借り入れの有無です。すでに借り入れがあるという事は支払いを続けているという事なので、今から借りて返済する場合、支払い能力に疑問を持たれてしまう事になります。借り入れや返済状況は常に信用機関に保管されている為、こればかりは完済するまではどうしようもありませんね。

そして借り入れ枠がすでに存在している場合、それだけで当然総量規制に影響されますし、場所によっては借り入れ枠があって利用していなくても、借り入れているとみなす場所もあります。せっかく作った枠なので勿体ないと思うのも無理はありませんが、その場合は解約も検討してみた方がいいでしょう。
(⇒借り入れに影響を与える総量規制とは)

解約によるメリット

基本的に解約は「せっかく審査を受けて契約した枠を破棄するなんていいところが一つも無い」という風に捉われがちです。実際に使わなくてもいざという時に置いておけるので、解約する事で出費の融通は利きにくくなります。
(⇒いつでも借りられるサラ金の魅力について)

ですが、解約にもメリットはあります。それはまず最初に説明したような総量規制の兼ね合いですね。すでに借り入れ枠がある場合、新しく借り入れ枠を作ろうとしても総量規制が働けば満足のいく枠にはなりにくいです。その場合は古い枠は無い方がより良い枠に繋がる可能性が高いのです。

また、自制できる人なら効果はそこまで高くありませんが、複数の枠を持っているなら不要な枠は解約しておけば使い過ぎの防止に繋がります。自制に自信が無い場合、どうしてもあればあっただけ使いそうになるのが人間というものです。そんな事にはならない…と断言できないなら、いっそのこと解約する方がリスクは大幅に減らせるのです。

メリットとデメリットを見比べて解約を決めよう

このようにサラ金解約にもデメリット以外があるのが理解いただけたとおもいますが、解約してしまえばまた作らないと使えないのは事実です。手放しても問題の無い枠か否かはご本人にしか分かりませんので、きちんと不要であると断定できてからの方がいいでしょう。

作るのには手間がかかり、解約はすぐに済ませる事ができます。それを肝に銘じておきましょう。

申込みは最後まで諦めない!複数申し込んでも異なる結果が出る可能性

審査結果は行動で必ずしもは決まらない?

基本的にしてはいけない事をすれば、サラ金や銀行に関係なく審査には通りにくくなります。それが一度落ちた借り入れ先にすぐに申し込むなどであればまず通過は不可能と思ってもらえればいいでしょう。

しかし、借り入れ枠の審査というのはその基準が一般に出回っていないように、業者ごとに違う事もあって『こうすれば必ず受かってこうすれば必ず落ちる』という条件が明示される事はありません。

実際に、借り入れ審査時に不利となる複数の借り入れ先への同時申し込みについても、必ず落ちるというわけではありません。これに関しても様々な結果が出ているのです。

複数申し込みの結果から分かる事

複数同時に申し込む事により全部落ちた…というのであれば借り入れ審査の法則上さして驚かないかもしれませんが、前述の通り複数同時も申し込んだとしても全て落ちるのが決まりというわけではありません。中には少し変わった結果が出てくる事があります。

サラ金の中でも有名な二社に同時に申し込み、片方は審査を通過して、片方は審査に落ちたという事例もありました。双方とも求める借り入れ条件は同じであり、サラ金という事もあって審査基準も一般的には差が無いと言われている二社です。

しかし、今回は現実として片方とは言え審査に通過したのです。これが何を指しているかと言うと、借り入れの審査基準は各社とも同じというわけでないという事です。

仮に複数の借り入れ業者に申し込んで、後から複数申し込みは不利になると分かって後悔していても、申し込み数が過剰で無ければ受かる可能性も同時に存在しているという事です。最高の条件で作る事は難しくとも、最低額以上の借り入れ枠が出来る事はありますので、絶望はしないようにしましょう。

可能なら同時申し込みは控えよう

とはいえ、これで受かったとしても最高の条件にはなりにくいし、余裕がある時にこんな申し込みをしてしまえば、せっかくの借り入れ枠申し込みも満足のいく結果にはなりにくいです。わざわざ狙ってやる価値があるかどうかは疑問が多いですね。

あくまでも借り入れ枠は一つに絞る事が基本です。申し込みから利用まで、借り入れ時には計画的に行動するようにしましょう。

横暴な応対に気付こう!違法業者の性質の悪さは応対から気付こう

応対も注意して見たい理由

サラ金のかつての悪いイメージの要因の一つとしては、その応対にもあったのでしょう。もちろんきちんと返すうちはそんなに悪い応対をするはずもありませんが、一昔前の無茶な金利で返せない人が続出した際にはその応対が柄の悪い、ともすれば恐喝まがいとも取れそうなものになった事があったのも多分に原因と取れるでしょう。

そして時代は変わり、金融関連における法律が厳格化し、サラ金も消費者金融として自身の見直しを余儀なくされました。その結果として応対に関しても企業としてかなり高い水準まで引き上げられ、万が一返済日に遅れるような事があっても、柄の悪い督促などは無くなりました。

この応対や言動というのは企業イメージに関わる重要な項目です。借り入れが健全な事業である為にはまず最初の応対というのが非常に大きな意味を持つ為、対応する係員にはきちんとしたマニュアルの元、対応する事が求められます。特にサラ金は銀行以上にイメージ回復の為に力を入れていると言えましょう。

しかし、それでも昔のような応対をする業者も居ます。それは今となっては違法業者以外にはまずありえない為、話していて「あれ?」と思ったら違法業者を疑うべきでしょう。

柄の悪い応対は違法業者の証

違法業者というのはまず相手を騙してお金を取る為、最初は普通の応対をしている事がほとんどです。この最初の時点では気付かないという可能性も捨てきれませんが、条件などを聞いていて最初にお金を要求されたりすれば、当然闇金融などを疑う事でしょう。
(⇒先にお金を要求するのはまともな借り入れ先では無い)

そこで気付いて止める事を伝えたりして、態度が豹変し暴言なども平気で吐くような業者ならば、十中八九闇金業者です。まともな金融業者なら例えば自分にとって条件が合わず相談の上で借り入れを思いとどまっても、まず文句を言う事はありません。仮にそこで無理強いをして返せなくなる方が困るし、無理に貸し付けたりする事が間違っていると分かっているからなのです。

とにかく利益にならないと思った相手になら恐喝をしてでもお金を取ろうとするのが闇金業者の特徴です。対応の違いにも違法性がしっかりと表れている証拠ですね。

対応が私たちへのイメージに直結する

多少言い方は悪いですが、丁寧な応対をする事も優良な借り入れ業者の仕事のうちです。借りる前から悪いイメージを抱いてしまうのは往々にしてこの応対が関係しているので、応対すらしっかりしていないところはそもそも違法性以前の問題になるかもしれませんね。

とはいえ、違法な業者とそうでない場合は天と地とも表現できるくらいの応対の差があります。借りる前にそこからも気付けるようになっておけば、万が一の時に踏みとどまる事が出来るでしょう。

返済中の借り入れは慎重に!計画性の重要さを再確認しておこう!

いつでも使えるという便利さと危険性

サラ金は自由に使える借り入れ枠を得る事です。自由に使えると言っても様々な意味での自由が含まれており、一言で表すには多少難しいですよね。

一つ挙げるとするなら『限度額まで使っていないなら残りの残高も必要に応じていつでも借りられる』という自由があります。例えば50万の限度額をもらっていた中で20万借りていて返済中でも、残高である30万は返済途中でも借り入れられる事が可能です。フリーローンのように審査通過後に全額貸してもらって後は返済のみという事は無く、返済途中で困った場合にもまた借り入れられるのは即応性が高く魅力的です。
(⇒フリーローンとサラ金を使い分ける)

ですが、それだからと言って気軽に返済途中でぽんぽん使ってしまうのは考え物です。借り入れには自制心がとても大事なのですが、それの有無はこの返済途中での借り入れ利用に顕著に表れます。その注意点をしっかりと把握しておきましょう。

出来れば完済後にまた使うように

いつでも残高内で借りられるというのは紛れもない事実ですが、『借りられる』という事は『使った方が良い』という意味ではありません。せっかく残っているんだし使ってみるか…などと軽々しく使うのは論外とも言える考えです。

サラ金というのは借りた金額に応じて金利が発生しますので、返済途中に借り入れを増やすという事は、金利を増やすという事に他ならないのです。金利が増えれば当然負担が増加するのは言うまでも無く、完済までの道のりは遠くなりますね。

さらに同等の意味合いとして、返済が遅れる事により金利の発生期間も当然増えます。金利と言うのは一日ごとに加算されていますので、早く終わらせれば当然金利負担は減り、完済が遅くなれば金利は結果として多く払わないといけません。一日単位で見ればこそ微々たる額に思えますが、年間などのスパンで見ると馬鹿に出来ない値になるのは明白です。

決して使ってはいけないという意味では無い

このように書くと「完済までまだかかるけどどうしても必要な出費が発生したので使うのもダメ?」と不安に思うかもしれませんが、必要に応じて使ってもまた計算し直して完済まで計画が立てられるならそこまで問題はありません。むしろそうしたケースに応じられるのもサラ金の強みなのです。

要は返済が終わる前から目先の欲に駆られて無駄に借り入れを増やすのがダメという事なので、追加で借りるなら用途の必要性を必ずはっきりさせておきましょう。

審査無しなんて幻想!?無審査を謳っていれば全て詐欺である真実!

手間無くしてサラ金無し

サラ金を作って作るまでの時間は年々短縮されていますが、それでも借り入れ枠を作る以上は当然手間もあります。信用貸付というのは担保が要らない代わりに貸したら返してもらえるという信用が必要になるので、それらを調べるには時間も手間も必要になります。こうした手間が無いと言えば個人間の貸し借りですが、業者と違って軋轢の生みやすさからオススメはできません。
(⇒担保の有無で何が変わる?)

どうしても急いでいると「審査が無い借り入れは無いかな…」と考えてしまうかもしれませんが、審査が無いというのはそもそも貸し付けるのに信頼が必要無い、つまりは誰でも良いという事になります。そうなると懐が広いというよりもいい加減な面の方が目立ち、そんな借り入れ先に借りるのは抵抗を覚えると思います。

つまるところ審査が要らない借り入れは存在しないという事です。但しそれは『まともな』借り入れ先であり、サラ金や銀行などの国が定める基準をクリアした金融機関のみです。まともな金融業者ではない違法業者はもちろんそれに当てはまる事はありません。

審査が無い借り入れは実はとても恐ろしい

闇金業者にありがちな広告として『審査不要!』というフレーズがあります。さらに即日融資という言葉も好んで使われており、審査が無くて即日なら急いでいる人にとっては一見して最高の条件に見えます。

ですが、それでまともな借り入れが出来ればいいですが、闇金相手にまともな貸し付けを期待するのは間違いです。『審査は不要だけど先に入金が必要』だったり『一週間以内に返せ』と言ったり、まともな借り入れが出来るはずがないのです。
(⇒先に金銭を要求する借り入れは闇金以外に存在しない)
(⇒一か月よりも早い返済を求めるのは違法)

このように嘘で塗り固められた闇金業者が審査が無いなどと謳っていても、実際は何のメリットにも繋がっていないのが現実です。審査が無いという事は本当に『誰でもお金を取れるなら良い』時に使われる言葉と思っておきましょう。

本当は審査が厳しいほど条件は良くなる

審査が厳しいよりかは無い方が良いように見えてしまうのですが、前述した通り審査が無いのは十中八九詐欺ですし、審査が厳しいと実際に借り入れ枠が作れた時に条件が良い場合が多いので、審査と言うのは重要なのです。

そんな重要な工程を飛ばして貸し付ける業者は金融として成り立っていません。絶対に引っかからないようにして下さいね。

サラ金に担保は要るの?無担保と有担保の違いを分かりやすく解説!

信用貸付とは

サラ金は信用貸付と呼ばれている存在です。信用貸付というのは文字通り借り入れ枠を信用によって審査にしてから与える方式で、それまでの貸し付け業と異なる方式でありました。カードによる利用は大抵がこの信用貸付ですね。
(⇒カードで行うサラ金とは)

それまでの借り入れとは何だったのかと言うと、証書貸付と呼ばれている貸し付けが大半であり、借り入れるには毎回の審査が必要で担保の用意をしなくてはならないものでした。今でも使われている方式ではありますが、やはり世の中使いやすい方に利用が集中していくものでして、ほとんどの一般の方が使う借り入れと言えば信用貸付です。

この事から分かる通り、世の中の貸し付けは大抵が無担保と有担保に分かれています。基本的にすぐに利用できる身近な借り入れは無担保である事が多いですが、有担保を使う事も人生においては意外と機会が多いので、双方を簡単に説明しておきます。

無担保と有担保の違い

まず私たちにとって身近な貸し付けでもあるサラ金は無担保です。無担保というのは担保…借り入れに際して支払いをきちんと行ってもらう為に『万が一支払えなければ担保とした物の権利を渡します』というものです。使う場面によって多少のニュアンスは違いますが、基本的にそういうものだと理解しておきましょう。

この担保が要らないという事は借り入れの際に用意する物が少ないという事であり、便利に見えますね。実際に必要なのは信用貸付の名の通り信用を審査するので、審査にさえ通ればサラ金は使えるようになります。

そうなると銀行融資などの有担保は不便そうに見えますが、そうでもありません。担保という払えなかった時の保険を業者側が持っているという事は、貸す側としてもリスクが下がる分、金利などを安く抑える事に繋がります。住宅ローンなどの専用ローンだと購入する物件がそのまま担保になるので、場合によってはそこまで担保の用意に躍起にならなくてもいいでしょう。
(⇒サラ金と銀行融資を使い分けよう)

担保の有無が違っても変わらない事

担保の有無というのは正直借り入れに際してそこまで意識しなくとも、必要に応じて説明をしてもらえる場合が大半なので、心配する必要はあまりありません。担保があろうとなかろうとお金を借りる事には違いなく、それは同時にお金を返す事でもあるのです。

その点さえ踏まえておけば問題ありませんので、自分がどんな借り入れをするかしっかり理解した上で決断してください。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >