サラ金

利用規約が失敗の元?一度は必ず見ておきたいその理由を解説!

軽視されがちな事

サラ金の枠を作るまでの手間は、昔の銀行の窓口からの融資しか選択肢が無かった時代に比べて、大幅に軽減されていると言えます。銀行もカードローンならサラ金並みの手間にまで短縮され、世の中は必然的に『早く使いやすく』という方針に移行している事が分かりますね。
(⇒銀行カードローンの特徴)

そしてそれは作るまでだけでなく、実際利用する段階においても同じです。近頃の借り入れと言えばほとんどがカードを使っての利用となっており、手軽で便利になりました。このおかげで借り入れという行為自体が身近になり、昔ほどの偏見も無くなってきたと言えましょう。

ここまで便利になった背景として非常に忙しなくなった社会情勢も多分に関係していると言え、日々の生活の中において借り入れ申し込みや利用に割ける時間が減っている事も窺えます。そうなるとその短縮傾向にあるサラ金の手間でさえ多少煩わしいと感じてしまう事があり、実際使う分に際して問題が無いと思えば、必要と言われている工程を軽視してしまう事になります。

中でも一番問題となっているのが利用規約に目を通す事です。実のところこの利用規約をきちんと読んでいる人の方が少数とも言われており、重要なものであるにも関わらず、かなり人が流し読みをしていればいい方となっているのです。

利用規約は何故読まないといけないの?

利用規約というのは、サラ金であればそれを利用するにあたって書いてある事を守らないといけないという決まりです。例えば借りたお金は期日に払うようにといった最も初歩的な事からサラ金の会社の体系など、それこそ「実際借り入れるのにここまで知る意味はあるの?」と思うような事も無いとは言えません。

ですが、気を付けて欲しいのが『利用をした、或いは申し込んだ時点で利用規約を読んで尚且つ同意したものと見なされる』事です。これももちろん利用規約内に書かれており、大抵は冒頭に書かれている事が多いです。

「どうせ利用する事になるんだからどちらにせよ同意しないといけない」と割り切って読まない方も多いですし、それで後になって文句を言わないならそれでもいいかもしれません。ですが、ほとんど無い事ですが『自分にとって見逃せない不利益を被る可能性がある文言』が記載されていた場合、どうなりますか?

それで利用したとしてもその可能性を肯定した事になりますので、後で何かあっても「読んでいなかった」では済まされないのです。もちろんこちらにとって過剰なリスクがあるならもっと最初に分かりやすく記載されている場合が多いですが、利用規約は非常に細かく、たくさんの事について書かれていますので、熟読していないと分からない事も多いのです。

最低でも一度は目を通す

実際読んでみても難しい言い回しで詳細が分からないなら問い合わせてみてもいいので、必ず自分の身を守る為にも利用規約は一度は全部に目を通しておきましょう。最悪の場合、自分に影響が大きそうな項目のみ覚えれば良いでしょう。

利用規約は手放さず手元に置き、いつでも確認できるようにしておきましょう。いざと言う時、自分に非が無いのを証明する場合にも役立つ事があります。

企業の為の資金に!まだまだ人気の銀行融資を受ける為に必要な事

借り入れと言えば?

現代においてお金の借り入れ先と言えば実に多種多様です。中でもサラ金はテレビCMや広告、アクセスが便利な場所への出店もあり、消費者にとってとても身近な借り入れ先となっています。一昔前はサラ金の印象も悪かったですが、それは昔の話です。今では消費者金融と改め、使いやすい条件や設備を整えています。
(⇒何故サラ金は消費者金融となったのか?)

しかし、昔ながらの借り入れ先と言えばやはり銀行という印象が強いです。銀行もカードローンなどの配備などでサラ金と同等の使用感を出しており、元々の借り入れ条件の良さも相まって、サラ金とは違ったベクトルで便利な借り入れ先として、今でも十分な存在感があります。
(⇒サラ金と銀行カードローンを比較)

そして何より銀行を借り入れ先と足らしめる要素と言えば、昔から今まで続いている銀行融資があってこそです。一般の方であればカードローン以外の銀行からの融資はあまり縁がありませんが、起業されている方などにとって見れば、事業者金融と同じく頼るべき存在です。これから起業を志す方も是非銀行融資についてしっておきましょう。

銀行融資を利用するには

銀行融資というのは文字通り銀行から資金を融資される事です。銀行融資を受けるのは大抵が企業といった存在で、担保が必要となる為、主に会社の権利などを担保に入れて借りる事が多いでしょう。窓口での相談が必須なのも特徴です。
(⇒担保の有無によって変わる借り入れ)

銀行融資は事業資金で使われる分、当然多額の枠と銀行ならではの低めの金利が特徴です。特に大企業などであればその分必要とする資金も増えてきますので、大きな銀行に借り入れを行う事になります。事業者の方であれば真っ先に頼りたい借り入れとも言えますね。

その反面、銀行という事で審査は厳しめです。一部上場などの条件が求められる事もありますので、金額によっては審査結果が希望にそぐわない事もありますので、それも踏まえた交渉が事業者の方には必要とされます。

基本的に一般の方は頼る事はあまりない

とにかく事業者向けである以上、一般の方であれば頼る機会はさして訪れる事はありません。金額が金額ですので、普通の生活に使う分にはサラ金や銀行カードローンの方が活躍の場面は多くなるでしょう。

起業する場合は覚えておいて損はありませんので、必要な場合はすぐに頼れるようになっておきたいですね。

サラ金の利用は記録されている?金融情報が集まる信用機関を知ろう

金融情報は実は記録されている

サラ金というのは信用貸付というだけあって、借り入れ枠を作る際には信用に関わる情報が極めて大事になります。

これらの情報は借り入れを行っている業者だけでなく、申し込んだ際に他の業者が参照する事が可能です。だからこそ審査は迅速に行う事が可能であり、同時に虚偽の記載は不可能になっているのです。申し込みの際には正しい情報を正確に書きましょう。

では、その際に参照される情報はどんなもので、そしてどんな場所に保管されているのか?保管されている自分の情報を参照する事が出来るのも踏まえ、保管先について学んでおきましょう。

信用機関に保存されている情報

私たちの金融に関連する情報は、信用機関と呼ばれる場所にリアルタイムで保管されています。サラ金に申し込んだ場合でも業者がこの信用機関にアクセスし、申し込んだ人の金融に関わる情報を参照する事で、信頼実績などを確認するのです。
(⇒審査に関わる信用情報とは)

金融に関わる情報と一言で言っても様々ですが、基本的には借り入れ枠に対する申し込みと利用状況、返済や遅延に関する事が主に審査に関係する事となります。これらの情報は必ずここに集まるので、もしも自分の金融に関する実績などが知りたいなら情報開示をお願いするといいでしょう。

特に返済の遅延は事故記録とも呼ばれ、一度でもあった場合には審査の際に大きな悪影響を及ぼします。それが複数回だと致命的とも言え、申し込みは原則諦めた方が良くなります。軽い気持ちで遅延をする事は絶対に無いようにしましょう。
(⇒事故記録が及ぼすサラ金審査への影響)

逆に問題無く借りて返しての利用実績が記録されていれば、利用した金融業者以外にも良い影響を与えます。特に良い枠が欲しいなら利用実績というのは大きなファクターとなりますので、良い枠を作る際に長期的な計画があるなら、利用してからの申し込みや再審査などを検討してみましょう。

常に記録されている事を忘れずに

例えばお金があっても引き落としミスがあった場合、それでも遅延として事故記録にカウントされてしまいます。本人からすればちょっとしたうっかりミスでも、それは信用に傷を付ける理由になりえるのです。

そしてそれらの情報は常に記録されているので、返済途中の借り入れがある場合は油断する事の無いようにしておきましょう。

サラ金ってそんなに返せない借り入れなんですか?

サラ金で失敗したとか良く聞くんですけど、サラ金ってそんなに返せないものなのでしょうか?

サラ金は消費者金融になったという事で法外な金利を要求される事も無いだろうし、闇金融と違って違法な取り立ても無いので怖い事だって無いはず…ですよね?

パッと見確かに銀行よりもサラ金の方が金利が高めですが、返せないほどの条件にも見えません。それとも実際借りないと分からないような問題でもあるのでしょうか?ご存じの方に是非ご意見を窺いたいと思います。

サラ金は計画的な利用なら問題無く返済出来る

質問者さんの仰る通り、今のサラ金は金利も法定金利をきちんと守らないといけないし、強引な取り立てなど金融業者として論外です。銀行と違いサラ金は貸金業に分類されていますが、こうした法律に対する厳格さは銀行となんら変わらないものと思っていいでしょう。

従って、サラ金だけでなく借り入れ全般に言える事ですが、最初からきちんとマメに返済していけば、借り入れで失敗する事なんてまずありません。普通に返済していて文句を言われるようであれば、それは十中八九闇金業者を疑ってもいいでしょう。
(⇒まともな返済すら許さない闇金の悪質さを知ろう)

それでもサラ金が失敗しやすいというのは、単純にサラ金を使う人に計画性が無い人が多いからでしょう。サラ金を使うという人はお金にルーズで信頼が無い事が多く、結果として銀行では借りられずにサラ金で…となりやすくなっています。そんな人が銀行よりも金利が高いサラ金を返せるわけも無く…と、自滅と言える結果になりやすいのです。サラ金を使っていてマメに返済している人にとっては、使っている人のイメージまで悪くする行為なので極めて迷惑ですね。

こうしてサラ金で失敗する人の大抵がサラ金をギャンブルにつぎ込むなどのタブーを犯してしまう人です。サラ金を困った時に、本当に必要な時にしか使わない人であれば、失敗する可能性は極めて低くなるでしょう。

審査に落ちたら要注意!?借り入れ審査の結果で変わる事とは?

時には引き際も肝心

お金の貸し付け業務を行っている場所の中でも、サラ金は比較的審査が緩く、私たち消費者が借りやすいような構造になっています。無人機の設備などからも分かるように、単純な使い勝手なら銀行にも勝るとも劣らないのがよく分かります。
(⇒サラ金の無人機の便利さを知る)

とはいえ、審査が優しめと言っても落ちる可能性が無いという意味ではありません。色んな場所に申し込んだけど落ちたのでサラ金に頼ったけどダメだった…という方であれば、落ちてもさすがに不思議とは言いにくいでしょう。

サラ金に頼らざるを得ない状況だからこそとにかく申し込みをするかもしれませんが、申し込みにも無駄になってしまう場合があります。普通に考えれば分かる事とも思われるかもしれませんが、念のために申し込みのタブーとも言えるべき行動についてお教えします。

同じ場所への申し込みは控えよう

基本的に金融機関を問わず『一度落ちた場所にもう一度すぐに申し込んだとしてもまず審査を通過する事は無い』という決まりに近いものがあります。貸し付け業者によっては事前に説明してくれる場所もありますが、それには触れていない場所もありますので、まずはこの事実を覚えておきましょう。

よくよく考えれば落ちたところにすぐに申し込んでも受かるはずは無い…というのは分かるはずですが、それでも納得がいかないという理由などで行う方も居ます。この行為は時間の無駄になってしまうし、あまりにもしつこいと何らかの措置が取られる場合もあります。絶対にやめておきましょう。

「落ちたのは自分の年収が悪かったと思うので、すぐにより収入が多い仕事に転職すれば大丈夫?」という疑問がありますが、それでも通る望みは無いと思った方がいいでしょう。申し込んで落ちたという情報は信用機関にしっかりと記録されているので、どうにかなる物では無いのです。
(⇒信用機関に記録されている情報とは?)

それでも借り入れが必要と言うのならば、より審査基準が緩い場所にするか、低めの限度額を希望してみるようにしましょう。限度額が低いと収入証明証も必要ありませんので、とりあえず作る場合には十分対応できます。多めの限度額はさすがに遠慮しておきましょう。

申し込みは慎重に行おう

このように、借り入れ審査に落ちるという事は多くの制約が生まれてしまいます。だからこそ申し込みというのはここぞという時に、しっかりと準備を整えてから行う必要があるのです。

それが急で余裕が無い時なら尚の事です。ちゃんと申し込み先について知っておき、確実に通る条件を希望しておきましょう。

審査を素早く終わらせよう!手早く終わらせられる三つの方法とは?

審査を早々に終えるには

サラ金などの借り入れ枠に申し込んだ場合、申し込みが受理された時点で審査が開始し、営業日であった場合に進行する事になります。間に非営業日や郵送などの時間を挟んだ場合、当然それに従って審査結果が出るまでのタイムラグに繋がります。

これらは借り入れを急いでしたい方にとって、時には致命的な問題にまで発展する事があります。予め備えておく意味でサラ金の借り入れ枠を作っているならともかく、必要になってから申し込んだ場合、用途によっては一刻を争う事になっていても不思議ではありませんね。

審査というのは借り入れ枠を作るにあたって飛ばす事の出来ない工程であるのは言うまでも無く、そうなると少しでも早く終わらせたいというのが心情ですよね。早く終わる事によって必要なタイミングに間に合わせられたなら、それは金利や限度額以上に重要な事と言えるでしょう。今回はそんな場合に備えて、少しでも申し込みから審査、そして借り入れ枠発行までを短縮する為の工夫を紹介していきます。

事前準備は完璧に

申込みには事前に必要な物を用意しておく事で、記入用紙の作成の効率化を促します。具体的には身分証などの申し込みには必須となる書類の類です。必要とされるものはほとんど金融業者によっても変わる事はありません。
(⇒申し込みの前に用意しておきたいもの)

事前にこれらを用意するという事は基礎であり大切な事です。後述するインターネット申し込みなら多少用意する物は変わりますが、申し込みに際して公的な身分証などは必須なので、常に取り出せる場所にまとめておきましょう。

記入ミスを無くそう

申込みには申し込み用紙に必要事項を記入する事になります。これらにミスがある場合、審査の遅延に繋がりますし、最悪の場合書き直しになる事も珍しくはありません。

一度でミス無く書き終える自信が無いなら、先に鉛筆などの修正が可能な筆記用具で記入し、それをなぞるようにボールペンやサインペンで清書するといいでしょう。手間が増えるように思えるかもしれませんが、書類不備による遅延よりはよっぽどマシでしょう。

インターネットから申し込む

インターネット環境があって申し込み先がインターネット申し込みに対応しているなら、インターネットから申し込む方が基本的に素早く審査に移行する事が可能です。
(⇒インターネット申し込みのメリットとは?)

さらに申し込み際して用意する物が少なかったり、前述した記入ミスなどによる修正も楽と非常に便利です。多少操作に得手不得手が分かれやすい分野ではありますが、基本操作が出来るなら問題の無いレベルです。恐れず使ってみてはいかがでしょうか。

審査は早く終えるに越した事は無い

他にもサラ金なら無人機を使う事により24時間いつでも審査をする事が可能ですので、結果として審査終了まで時間を選ばず素早く、その場で終わらせる事が可能です。

また、サラ金の方が審査が緩めである事から通過も早めです。急いでいる時はこれらの特性を活かして借り入れ枠を作るといいでしょう。

サラ金は安定した職業じゃないとダメ?自由業でも申し込めるその背景

身分によって変わるサラ金

サラリーマン金融と略されるサラ金ですが、実際はサラリーマン以外の幅広い方に貸し付けを行っています。中でも学生には学生ローンとして少し違った審査基準を設けているくらいですから、今ではサラ金は幅広いニーズに応える存在となっています。
(⇒学生でもサラ金は利用できる)

とはいえ、やはりサラ金のメインの貸し出し対象は会社勤めをされている、文字通りのサラリーマンです。安定した仕事があればそれだけ融資枠も増えて金利が下がり、よりよい条件で借りられるようになるでしょう。場合によってはすぐに作らずに、今お勤めの場所で出世してからさらに地位を安定させて、その上で申し込むといいでしょう。

逆に言えば、身分が安定していないと審査に通っても十分な枠が確保できるとは言い難いです。場合によっては申し込んでも通過する事自体が困難だったりする事もあり、自分の仕事で大丈夫なのだろうか…と疑問に思う人もいらっしゃるでしょう。

中でも自由業をされている方にとって、このサラ金というものからどういう風に映っているかは気になるところです。金融業から見た自由業の方の大まかな評価をお教えします。

自由業でも借り入れ枠を作る事は出来る

まず基本で言うなら、収入さえあればサラ金にはほぼどなたでも申し込む事が可能です。それが学生であっても無職であっても同じなのですから、サラ金の門戸は広いと言えるでしょう。

従って、自由業と言っても収入があるなら申し込み資格は十分満たしているのです。近年では不況からこのフリーランスとも呼ばれる自由業への転身も多く、貸す側としても対応しないわけにはいかないのです。

ですが、当然ながら勤めるべき会社が無いと、貸付側にとっては安定していないという風に見なされる事になってしまい、審査にプラスに働くとは言えません。自由業と言えど収入証明証を発行してもらえるなら限度額最大まで希望する事は出来ますが、安定という面で見ればなかなか難しいところです。

とはいえ、年収と信頼さえ揃っていれば希望が無いわけではありません。特に信用機関に残されている返済実績があれば、豊富な借り入れ枠を用意する事も夢ではないでしょう。

自由業でも必要になれば申し込もう

自由業をされている方は気楽と思っている人も多い反面「自由業だからローンは組めない…」と申し込み前から諦めている方も少なくありません。収入と信頼さえ揃えば借り入れ枠を用意してもらえるという事はお仕事に関わらず覚えておきましょう。

職業というのは申し込みにあたって大事ではありますが、全てではありません。その点を踏まえて、必要になればサラ金に申し込むようにしてみましょう。

サラ金で借りたお金は毎日金利が発生しているの?

サラ金でお金を借りた場合、金利って毎日発生しているものなんですか?
(⇒サラ金の年率金利は毎日に割り振られているのか?)

金利って大体年率で表示されていますよね?でもそれだと金利がいつ発生していつ返しているかよく分からなくて…それにもしも返済日が月一だとして金利発生も月一なら、完済を一日でも早くする意味はあるんでしょうか?

金利はやっぱりサラ金において気になる部分なので、あらゆる疑問を解消する為にも知っている方は是非お答えください。

金利は一日ごとに発生しています

金利の表示は確かに年率のみですが、発生タイミングは毎日に設けられていますよ。大体の金融業者において午前0時を回った時点で発生していると思ってもらっていいでしょう。

つまりは年率の金利の値を一日ごとに割り振って発生させ、月一の返済時に一か月分の金利と併せて返しているイメージが近いですね。リボルビング払いなどを使うと分かるのですが、返済時にはまず金利分から返済して残りの返済額を残高の支払いに充てますので、返済額が小さすぎるとどうしても完済までは長引いてしまう事になります。
(⇒リボルビング払いの利用手順)

ゆえに任意返済などによる一日でも早い完済というのはもちろん意味があります。一日に割り当てられた金利は数百円以下になる事もあり微々たるものに見えますが、それを一か月ごとに返すとなると、馬鹿にならない金利になるのは簡単に分かりますよね。従って、素早い返済に意味が無いなんて事にはなりません。
(⇒任意返済でサラ金返済の負担は激減する?)

ですが一日ごとに金利が発生していると言っても、無理をして返済すべきだと私は思いません。例えば任意返済を積極的に行って大幅に残高を減らしたとしても、まだ支払いが終わっておらず次の月一の支払いが滞れば、どれだけ任意返済していても遅延扱いになってしまうのです。返済は焦らず早くというのが理想になりますので、金利を気にしながらも意識しすぎない事を心がけておいてくださいね。
(⇒返済日が遅れると発生するデメリット)

連絡先が携帯電話なら警戒を!違法業者が携帯しか連絡先が無い理由

電話番号をしっかり確認

サラ金はインターネットに順応している場所がほとんどです。ゆえに今現在では疑問などはメールなどでも応対してもらえるので、わざわざ電話をかける事が減ったという方も多いのではないでしょうか。

しかし、それでも電話による相談が無くなる事はありません。メールで伝えられない事はやはり口頭などを利用しないと難しい場合もあり、サラ金も専用の電話窓口を設けています。気になる事やメールで記載が難しい相談内容があれば、積極的に連絡をしてみるのも安心した利用に必要な事です。
(⇒電話で直接相談をしてみよう)

こうした電話番号というのは当然据え置きの電話番号となります。むしろ企業などの連絡先などに携帯電話を据え置いている事はほとんど無く、固定電話ならではの安定感が企業の連絡先としては求められている証拠でしょう。そしてこの電話番号も、違法業者を見分ける為の重要な点となるのです。

携帯電話でした連絡できない業者は危険

確かに企業において社員同士が連絡を取り合うなら携帯電話が支給されていてもおかしくはありませんが、それはあくまで社員同士でしか使われないものです。その番号を相談窓口や受付として積極利用する事は企業としてはあり得ないと言っていいくらいおかしな事なのです。

ゆえに、違法業者への連絡先というのは大抵が携帯電話の番号となっています。固定電話に比べて持ちやすく破棄しやすい携帯電話を違法業者が利用している背景としては、やはりある程度騙して儲けたら姿をくらます為に使っていると見るべきでしょう。闇金融のチラシの連絡先は携帯電話以外が書かれていない事が多いので、携帯電話のみの連絡先の金融業者には連絡しないようにしたいですね。

そして連絡すれば相手の携帯電話にこちらの電話番号が記録される事になりますので、詐欺と気付いて利用を止めたら必要な嫌がらせが始まる事も十分考えられます。電話番号の不正利用も良くある話なので、闇金業者にはまず連絡をしない事から大事と言えましょう。
(⇒闇金業者の陰湿な手口)

携帯電話にご用心

携帯電話というのはそもそも個人が所有する物なので、それを会社の取り次ぎ先に据え置くのは不自然です。闇金業者は会社としての所在を持たずに移動している事が多いので、携帯電話以外の利用はほとんどないと思っていいでしょう。
(⇒所在地の有無で違法業者を見分けよう)

携帯電話を最初の窓口として据え置いている場合は基本的に無視するようにして、電話で連絡を取りたいなら専用窓口を設けている大手を選ぶようにしましょう。

返済は少しでも早く!任意返済で得られる数々のメリットまとめ

返せるお金はどんどん返していこう

お金を借りればサラ金や銀行を問わず、返済を遂行していかなくてはなりません。返済というのは借り入れの義務であり、これを守れない、守れる自信が無いなら借り入れを行うのはむしろ避けた方がいいでしょう。それくらい期日を守って返済を続けるのは借り入れにとって大事な事なのです。

返済というのは遅れる事は言語道断ですが、早いのは基本的に一向に構いません。むしろ素早く返済をしていく事により、借り入れ先からの信頼に繋がる事は多い事です。無理をして払う必要は無いのですが、素早い返済におけるメリットはとても多いと言えるでしょう。

そんな素早い返済の為には任意返済が欠かせません。今回は返済を速く終わらせる為の任意返済について理解を深めておきましょう。

任意返済でスムーズな返済を行おう

任意返済というのは、名前の通り自分の意思と裁量で行う返済の事です。月々に支払わないといけない最低額とは完全に独立した返済で、月々の返済前にこれを行ったとしても、完済していないなら月々の返済分の請求が来る事をまずは注意しておきましょう。

方法としては銀行振り込みやATMなどを使う事になります。銀行振り込みは手数料が発生する場合がありますので、コンビニATMに対応しているならそちらの方が便利な事が多いでしょう。
(⇒ATMからサラ金の返済をしてみよう)

任意返済のメリットでもある素早い完済の内容を細かく分けるとすると、一番のメリットはやはり金利の負担が低く済ませられるという事でしょう。サラ金などの金利は基本的に一日ごとに加算されるので、一日も早い完済というのは金利の負担を一日単位で減らしてくれるのです。これは長い目で見ればかなり変わってきます。

さらに、完済における信頼実績の獲得など、任意返済によるメリットはたくさんあります。月々の支払い後は余裕のある分は全て返済に回すくらいの気持ちで行ってもいいくらいでしょう。
(⇒返済を済ませておく事で得られる信頼)

可能な限り早く、それでも無理はしない

このように、任意返済する事で得られるメリットはたくさんありますが、前提として『無理の無い範囲で行う』という事を忘れないようにしましょう。例えば任意返済ばかり優先していたら、他の支払いなどに困るようになった…となると本末転倒となるのです。

ゆえに「このお金なら何に使っても問題無い」くらいのお金から随時返済していく事で、無理なく返済スピードが高められるという事なのです。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >