サラ金で借りたお金をトラブル無く返済する為に

記事一覧

返済の節約は金利だけじゃない!?時間の節約で変わる事を意識しよう

返済の『時間』を節約してみよう

返済における節約と言えば、やはり金利による負担を減らすのが一番有効です。金利が減る事による負担軽減は私たちの生活に直結するので、何はともあれ金利による負担を下げる事から意識してみましょう。
(⇒金利が低いに越した事は無いとされる理由

とはいえ、金利による負担を下げるのはそんなに簡単な事ではありません。金利を低くするのはまずは借り入れ枠自体の年率を下げなくてはいけませんし、それには審査が必要になります。一括返済すれば大幅に金利負担を軽減できますが、金額によっては口にするほど簡単に出来る事ではありませんね。
(⇒一括返済で軽減できる負担とは

では、返済における他の負担の軽減を意識してみてはどうでしょうか?金利に勝る負担なんてない…とは思うかもしれませんが、返済にかかる『時間』を節約するのも、あながち馬鹿にできたものではないのです。

返済にかける時間を減らしてみよう

時は金なり、と言うように私たちの時間というのは限られています。それはお忙しい方であればあるほど顕著であり、時には金利云々よりも時間の確保に躍起になる事があります。そんな時にわざわざ銀行まで出向き、ATMの列に並んで振り込みをして…とすれば、どれだけの時間が消えていくか分かりませんね。
(⇒銀行振り込みでサラ金の返済をしている人へ

この時間を節約するなら、銀行振り込みをネットバンクに替えてみると良いでしょう。ネットバンクというのは名前の通りインターネット上の銀行の事であり、近年になって急速に利用者を増やしています。その利便性の象徴としてインターネットに接続できるならいつでも振り込みなどの操作が出来る事です。これは自宅などでも同じであり、わざわざ時間を作って銀行に出向く手間が大きく省けます。空いた時間で操作できる為、当然時間も制限されません。

また、振り込みをする時間自体を無くしたいなら、月々の最低限の返済額を増やしてみてもいいでしょう。この返済額を毎月自分が返せる限界ギリギリに設定しておけば、余分なお金が出来にくくなって、結果として口座引き落とし以外の返済方法に頼らなくてよくなります。そうすれば操作自体の時間を節約でき、口座にお金を入れておくだけでスムーズに返済が進行していきます。
(⇒サラ金返済は口座引き落としで危なげなく返済しよう

時間の節約は時に金利の節約以上の価値がある

返済の手間を減らして時間を減らす事は、時には金利の節約以上に価値があります。例えば返済できるATMがあるところまで移動する場合、移動の費用と時間の双方が発生するとしたら、家で済ませられたら移動の費用と時間の両方が節約できます。まさしく一石二鳥となるのです。

時間の節約は総じて他の無駄を削る事にも繋がります。短縮できる作業は出来るだけ短縮を推し進めていきましょう。

ATMからでも返済は出来る!便利に使う前に把握しておきたい点

返済は無人で行える

返済と言えば窓口に現金を持って行って…という方法が昔では普通だったかもしれませんが、効率化した現代において好きこのんで行う人はまず居ないと言ってもいいでしょう。大金を持ち歩くのはセキュリティ上安全とは言えませんし、何より人目が気になりますよね。そう考えるとサラ金の無人機というのはとても合理的な存在と言えましょう。

今では対面で返済する事はまず借り入れにおいてはありません。高度化した情報社会では返済も独自のお金の流れにて行います。月々の返済と言えば口座引き落としが有名で便利ですね。
(⇒サラ金の返済は口座引き落としで便利に

そして返済と言えばATMを利用する方法があります。ATMと言えばお金を借り入れる時にも使いますが、ATMの種類によっては借り入れと返済双方に機能する機種もありますので、特に任意返済をする方は覚えておきましょう。
(⇒任意返済はどうやって行う?

ATMを使った返済方法

前述の通り、ATMの返済は主に任意返済で使う事になります。月々の支払いに使えない事もありませんが、それだとうっかり忘れが発生しやすくなるというリスクがありますので、メインで使う方法としては多少人を選ぶと言えましょう。

ATM返済の魅力と言えば、提携ATMならどこからでも返済が出来るという事です。提携先は銀行やコンビニなど様々ですが、どんな地方においても基本的に困らないように提携先は存在しています。ゆうちょやコンビニと提携している業者なら、特に便利に利用する事が可能です。コンビニと提携しているなら24時間返済も出来るので時間を選びません。

さらに銀行振り込みと違って手数料が発生しない事が多いのも嬉しい点です。長期に渡って返済する場合、この手数料というのは積み重なっていくので、馬鹿に出来ない金額になりかねません。こうした細かい部分で節約する事により実質的な負担を軽減する事になるのです。

利用できるATMを把握しておこう

ほとんどのどの業者もコンビニのATMと提携しているのでそこまで困る事は無いとは思いますが、地方によってはコンビニ自体が遠かったり、営業所などが遠く提携先が見つからない…という可能性も捨てきれません。ATM返済を利用するなら、まずは近隣の提携先を探しておくといいでしょう。

サラ金なら無人営業所の場所を把握しておけば、借りるにも返すにも便利になります。周辺地図などを利用して場所の把握に努めましょう。

支払いは口座引き落としで!最も合理的な返済方法を意識する考え方

月々の分を返済するなら

サラ金の借り入れ返済は、まずは月々の支払い分を確保する事から始まると言えます。この金額を遅れずに返済していくだけでも、とりあえず返済についての問題の大部分は解消できます。
(⇒返済は期日を厳守する事から始めよう

月々の返済には返済形式としてはリボルビング払いが有名ですが、その金額を支払う方法もまたたくさんあります。任意返済であればATMを利用するのが無難ですが、月々の支払いについては、もっと便利な方法があります。

その方法とは口座引き落としです。特に意識せずこの支払い方法を選ぶ人も多いですが、改めて見るとこの方法が一番合理的とも言えますので、改めてその魅力について確認してみましょう。

口座引き落としの便利さ

口座引き落としというのは、所持している銀行の口座から決まった日に毎月引き落とされる方式です。光熱費などの支払いもこれで行っている人も多く、今更説明が無くともご存じの方も多いですよね。

サラ金で借り入れを行って口座引き落としする場合、最初に申し込み用紙を記入する際に、引き落とし口座の記入欄があるはずです。そこに口座の番号などを記入する事で、申し込みの際に支払い方法を指定する事が出来るのです。後日変更も可能なので問い合わせてみましょう。また、銀行の認印などが必要になるので、予め用意しておくと楽ですね。
(⇒借り入れ申し込みに必要になる物

口座引き落としの利点と言えば、手数料が発生しない事です。銀行振り込みの場合は振込手数料はこちらが負担しないといけないのですが、引き落としなら往々にして余計な費用は発生しません。わずかながらも返済の負担を減らす事に繋がるのです。

また、ATM操作と違って出向いたりする事無く、口座にお金を入れておくだけで返済が終わるのも魅力的です。忙しい方にも向いている支払い方法と言え、スタンダードながら非常に合理的と言ってもいいでしょう。
(⇒ATM返済はどんな時に使う?

それ以外の方法も併用してみよう

基本的に困る事の無い口座引き落としですが、毎月の支払いのみに対応しているので、任意返済にはさすがに使えません。なので素早い完済を目指すなら月々の支払い分を増やしたり、ATMからの任意返済を併用したりするのを忘れないようにしましょう。

毎月の支払いを調整できるなら引き落としだけでも管理は可能なので、自分のライフスタイルに合った支払いを心がけておきましょう。

返済計画が立てられない人に返済シュミレーションが勧められる理由

返済プランを想定してみよう

なかなか思う通りにいかないのがお金にまつわる事ですが、それを解決してくれるのがサラ金などの借り入れです。借り入れる事で足りない部分を補うのはチャンスにもすぐに対応できるという事なので、例え金利が発生したとしても時にはそれ以上の価値があるでしょう。

思う通りにいかないのを補うのが借り入れですが、返済まで思うようにいかないのは問題です。返済というのは期日までに必要なお金を用意する事が絶対ですので、それが思ったようにいかないのは返済プランに問題がある証拠でしょう。
(⇒返済は必ず期日通りに行おう

返済は事前の計画が大事ですが、今までに借り入れを利用された事が無い方や金銭管理が苦手と言う方にとってはなかなか十分な計画は立てられないと思います。そんな時は相談窓口などに向かうのが確実ではありますが、サラ金は無人機が多い為に窓口が近場に無い事も多いですよね。
(⇒窓口相談をして借り入れ返済を確実なものにしよう

そこでもっと手軽な返済プラン確立の為、返済シュミレーションを使ってみてはどうでしょうか?主にインターネット環境などが必要になりますが、携帯電話からも利用できる物が多いので、多くの方が利用可能と言えましょう。

返済シュミレーションで事前に計画を練ろう

シュミレーションと言えば申し込みのシュミレーションもありますが、返済シュミレーションというのは会社を問わずに使えるものが多く、金利などを自分が借りるものを想定して行えるのが強みです。
(⇒申し込みシュミレーションで分かる結果とは

この返済シュミレーションを使う事により、どれくらい借りたら月々の支払いはいくらにするか、そしていつ終わるかまでが表示されます。自分が今から借りようとしている場所の金利と自分が余裕で返せる金額を入力する事により、状況の想定が簡単に行えるのです。

あくまでもシュミレーションであり、実際に返済中にプラン変更などをすると都度結果は変わる事になります。多少多めに見積もっておくなどして、変化にも対応できるようなシュミレーションを心がけましょう。

事前の準備はしていればしてるだけ良い

事前の準備が出来ないくらい緊急ならともかく、普通に借り入れ枠を作って利用するなら、詳細な返済計画があればあるほど楽になります。事前の準備は怠って困る事はあっても、過剰で困る事は必要なタイミングの有無以外では困りません。確実に返せるプランを立てておきましょう。

シュミレーションは特に実践的に行える機能ですので、利用できる環境があるなら積極的に活用してみましょう。

返済の相談は恥ずかしい事じゃない!時には人と対面する事が必要な訳

借り入れに人は必要か

サラ金がとても便利である象徴として、無人機という設備が挙げられると思います。無人機と言うのは文字通り無人にて各種手続きなどを行ってくれる設備で、これのおかげで人目を気にせずに借りられると喜んでいる方も多いでしょう。
(⇒無人機が生み出すサラ金のメリット

お金を借りるという事はどうしても後ろめたいというイメージが払拭しきれておらず、消費者は可能な限り人目に付かない事を望み、業者側もそれに応じた受付から貸し付けまでを整えてきました。その結果として無人機やインターネット対応が進化していったと言っても過言ではありません。
(⇒インターネットで変わったサラ金

人と直接触れ合う機会がめっきり減ったサラ金ですが、それでも人と対面する事を完全に排除したわけではありません。むしろ対面しての、もしくは話すだけでも交えての利用を望む声もあるのです。

返済も時には相談が必要

返済計画というのは重要で、期日に遅れずに、尚且つ自分に無理なく返せる金額などを制定する必要があります。普段から金銭管理を行っている人なら具体的な目標も立てやすいかもしれませんが、みんながみんなそうというわけではありません。むしろ金利などの加算も加われば、専門知識がないと完璧な計画は出来上がりにくいでしょう。
(⇒サラ金は遅れずに返すのが基本

そんな時に必要とされるのが係員との相談です。無人機の爆発的な普及もあってなかなか選択肢に挙がらないかもしれませんが、人が居る営業所なら相談窓口も当然設置しているのです。

窓口で対面しての借り入れは恥ずかしい…と思うかもしれませんが、そんな方の相談を受けるのが係員の方の仕事ですので、割り切って話をしてみましょう。ちょっとの恥を忍べば相談に乗ってもらえるし、返済プランを詳細に煮詰めてどれくらいに終わるのかも把握できれば、それは今後の返済においてプラスになるのは間違いありません。

どうしても対面が苦手なら電話でもいいので相談しましょう。サポートダイヤルに電話すれば応対してもらえますので、返済計画や疑問への質問をしっかりと伝えておきましょう。

相談する事もお金を借りる事も恥ずかしい事では無い

お金を借りる事も返済について相談する事も決して恥ずかしい事ではありません。むしろ必要だと思って利用し、そして相談してスマートに返済する事は立派と言っても差し支えないでしょう。

強いて言うなら、無計画に借りて返済できなくなった時はさすがに多少の恥を感じた方がいいかもしれません。そうならない為にも相談は遠慮なく行いましょう。

リボルビング払いって何?負担の少ない返済方法を徹底解説!

支払い方法の基礎

借り入れにおいて返済はつきものであり、この返済方法をどうするかによって、私たちへの実質的な負担が決まる事になります。当然一日でも早く完済するのが一番ではありますが、返済日に遅れずに、尚且つ無理なく用意できる金額である事が最優先です。
(⇒借り入れの返済日を厳守したい理由

返済の支払い方法というのは何も一つではありません。月々の支払い方法一つとっても複数ありますし、任意返済をそれに含めると豊富な返済方法の数々に、最初はどれがいいか迷う事になるでしょう。
(⇒任意返済が勧められる理由

月々の支払い方法としては、リボルビング払いが今現在のサラ金や銀行カードローンの支払い方法のスタンダードとして普及しています。リボルビング、というのは実際利用していない人にとっては聞き慣れない単語だと思いますので、今回はその仕組みについて簡単に解説いたします。
(⇒サラ金と銀行カードローンはどちらがお得?

リボルビング払いの特徴

リボルビング払いというのは、借り入れ額に応じて変わる最低額以上を返済すればOKという返済方法です。これだけだと普通に月々固定払いとの違いが分かりにくいかもしれませんね。

このリボルビング払いの利点というのは、非常に少ない負担から月々の返済が可能という事です。借り入れ額にもよりますが、数千円からの返済でも大丈夫な場合があり、家計にあまり余裕が無いという方でも無理なくじっくりを返せるのが魅力です。最低額以上ならいくらでもいいので、もちろん多めに設定して素早く終わらせる事も可能です。

ですが、欠点もあります。それはまず返済したお金は金利の返済に充てられるので、支払額が少ないと非常に完済まで時間がかかるという事です。それを知らずに最低額しか支払っていない場合、月々の負担が少なくても、トータルで長期間に渡って金利を払い続けないといけなくなります。このトラブルはリボルビング払いが普及してから一つの問題となっています。

さらに金利から減っていく都合上、残りの残高がどれくらいかを把握しにくいのもマイナスです。月々固定支払いでも金利は同じですが、あちらは明確な終了時期なども分かるので、全体像を把握するなら固定の方が楽なのです。

利点を活かし、欠点を無くそう

その為、リボルビング払いは変則的な支払いに強いと言えます。例えば余裕の無い月は最低額にしてもらって無難に返済しておき、余裕があるなら多めに返済する事で、家計に合わせたフレキシブルな返済が可能なのです。細かい金額設定もあるので、家計簿などで家計管理をしているならより細やかな設定が可能でしょう。

支払い方法にメリットとデメリットはつきものなので、リボルビング払いの時はこのように操作するようにしてみると良いでしょう。

明細はちゃんと見てる?利用明細を見る事で変わる返済への意識!

利用の記録を残そう

サラ金から漠然と借りて、それを漠然と返済していたとしても、期日に遅れずに完済まで辿り着ければ金融会社から文句を言われる事はありません。どんな状態であれ、支払いを滞らせないのが第一なのです。
(⇒借り入れはまず返済期日を守ればOK

ですが、利用状況を把握しないまま借り入れを利用するのは褒められた事ではありません。借りる前に何に使うか、どれくらいのペースで返すかを決めておけばスムーズに返済が開始できますし、借り入れ後もマメに返済状況を確認しておけば、返済ペースを調整して一括返済も可能になります。
(⇒一括返済で変わる事とは?

ここまでだけでも分かる通り、自分の利用状況を事前事後問わずに確認しておく事は、自制以上に様々な恩恵をもたらします。意識の違いと言われればそれだけかもしれませんが、人間は意思で行動する生き物です。意識改革の為にも、利用状況については確認するようにしましょう。

利用明細で状況確認をしよう

利用状況を確認するなら、やはり利用明細を見るのが一番です。利用明細というのは本来大事な物なのですが、見ずに捨てるという方も少なくはありません。最近では明細が紙媒体として送られる事も減ってきているので、利用状況を確認するという事を今一度考えてみましょう。

まず利用明細というのは返済状況を確認する事に加え、一種の保証にもなります。滅多に起きる事ではありませんが、返済の際に余分に引き落とされたりした場合でも、こうした明細などが無いと証明するのに莫大な時間や手間がかかるので、払い終えるまではしっかりと保管しておく事が万が一の為の保険になります。

さらに明細を確認する事でどれだけ支払いが残っているかも分かるので、そうすれば無駄な借り入れを増やす前に意思が働き「ちょっと待てよ」となりやすくなります。人間お金に関しては他の事よりも意識は向きやすいですが、その分無駄使いというのも起きやすいものです。そんな時に利用状況を表す物があれば、それだけでストッパーとなってくれるのです。

明細の形態についても確認しよう

利用明細を紙で送ってくれるなら良いのですが、近年の紙媒体におけるコスト増加により、紙媒体を廃止若しくは有料としている業者も見受けられます。廃止にせよ有料せよ、その場合はインターネットに接続してのWeb明細を採用している場合が大半なので、ネットに接続できる端末で確認するようにしましょう。
(⇒インターネットで利用できるようになったサラ金

どんな形であれ、明細を残して確認する癖をつけておけば、無駄を無くせる機会を大幅に増やせます。少しでも楽に返済を進めたいなら覚えておきましょう。

返済は少しでも早く!任意返済で得られる数々のメリットまとめ

返せるお金はどんどん返していこう

お金を借りればサラ金や銀行を問わず、返済を遂行していかなくてはなりません。返済というのは借り入れの義務であり、これを守れない、守れる自信が無いなら借り入れを行うのはむしろ避けた方がいいでしょう。それくらい期日を守って返済を続けるのは借り入れにとって大事な事なのです。

返済というのは遅れる事は言語道断ですが、早いのは基本的に一向に構いません。むしろ素早く返済をしていく事により、借り入れ先からの信頼に繋がる事は多い事です。無理をして払う必要は無いのですが、素早い返済におけるメリットはとても多いと言えるでしょう。

そんな素早い返済の為には任意返済が欠かせません。今回は返済を速く終わらせる為の任意返済について理解を深めておきましょう。

任意返済でスムーズな返済を行おう

任意返済というのは、名前の通り自分の意思と裁量で行う返済の事です。月々に支払わないといけない最低額とは完全に独立した返済で、月々の返済前にこれを行ったとしても、完済していないなら月々の返済分の請求が来る事をまずは注意しておきましょう。

方法としては銀行振り込みやATMなどを使う事になります。銀行振り込みは手数料が発生する場合がありますので、コンビニATMに対応しているならそちらの方が便利な事が多いでしょう。
(⇒ATMからサラ金の返済をしてみよう

任意返済のメリットでもある素早い完済の内容を細かく分けるとすると、一番のメリットはやはり金利の負担が低く済ませられるという事でしょう。サラ金などの金利は基本的に一日ごとに加算されるので、一日も早い完済というのは金利の負担を一日単位で減らしてくれるのです。これは長い目で見ればかなり変わってきます。

さらに、完済における信頼実績の獲得など、任意返済によるメリットはたくさんあります。月々の支払い後は余裕のある分は全て返済に回すくらいの気持ちで行ってもいいくらいでしょう。
(⇒返済を済ませておく事で得られる信頼

可能な限り早く、それでも無理はしない

このように、任意返済する事で得られるメリットはたくさんありますが、前提として『無理の無い範囲で行う』という事を忘れないようにしましょう。例えば任意返済ばかり優先していたら、他の支払いなどに困るようになった…となると本末転倒となるのです。

ゆえに「このお金なら何に使っても問題無い」くらいのお金から随時返済していく事で、無理なく返済スピードが高められるという事なのです。

返済は一か所にまとめる!複数の業者から借り入れた場合の問題とは?

返済はシンプルに

返済というのはどれだけ負担を減らしていくかが大切です。負担と言えば単純に金利の違いのみを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際的に借り入れ返済時の負担と言うのは多岐に渡ります。

例えば返済の支払い方法を銀行振り込みにしている場合、振り込み手数料が発生すればそれも負担となりますね。それを軽減する為に口座引き落としにしたり、提携ATMを操作しての直接返済にする事が負担を減らすのです。
(⇒借り入れ返済で便利に銀行振り込みを使うには

特にサラ金のように使いやすい反面、金利が銀行に比べてやや高めの場合は、細々とした負担を減らしていく事が肝要です。金利のせいで倦厭されがちなサラ金ですが、ちょっとした負担を軽減すれば元々の便利さも相まって、さらに身近な借り入れ方法となります。

そして負担を軽減する方法の一つとして『借り入れを可能な限り一か所にまとめる』という事があります。総量規制もある今となってはなかなか複数からの借り入れに頼る事も少ないとは思いますが、多重債務に苦しむ人が居なくならない以上、まず知識だけでも頭に入れておきましょう。
(⇒総量規制で変わった金融業界

借り入れを複数の場所から作るデメリット

複数から借り入れがある状態というのは、聞いただけでも大変そうに見えますが、実際に負担を見てみるとさらに大変な状態だと分かると思います。

まず複数から借り入れる事により、当然各社ごとに金利が加算されていきます。その結果として一か所借りた時と複数個所から借りた時の総額が同じだった場合、大抵は複数から借りた場合の方が総合的な金利の負担が大きなものとなります。借り入れの際には総額ではなく、何か所かも把握しておかないと思わぬ痛手を被ります。

さらに返済方法も各社ともバラバラになれば見れた物ではありません。口座引き落とし、銀行振り込み、ATM返済が万遍なく存在していた場合、それらに個別対処するだけでも無駄な時間はたくさん発生します。返済日まで違えば本当にどこにいつまで、そしてどれだけ返すのか分からなくなっても不思議ではありません。金利だけでなく、こうした操作までも負担になりえるのです。
(⇒サラ金の返済日は忘れないようにしよう

借り入れは一か所に

最近では銀行でもおまとめローンなどがあるように、借り入れを一か所にまとめてもらってシンプルに返済していくというのが理想的とされています。おまとめローンと聞くと独自の方法に見えますが、要は大きな借り入れ枠から借りてそれ以外を完済するだけなので、その気になればサラ金の枠でも対処する事は可能です。

こうならない為にも、自分がどれだけの借り入れ枠が必要が把握しておき、必要十分な枠を用意する事が大事です。予め対処しておけば今回のような負担事態を考えなくても良くなるという事を忘れないようにしておきましょう。

サラ金は返済できない?ありがちな誤解の正体に迫る!

サラ金は本当に返せないのか?

現代において借り入れ先の業者と言えば、大きな場所で分けるなら銀行と消費者金融の二か所になります。消費者金融というのはかつてのサラ金が呼ばれ方を変えたものであり、実質的に同じ存在であると言えます。

サラ金というのは呼び方を変えたように、どうしても悪い印象を持っている方がいらっしゃいます。中でも抱かれている間違ったイメージとしては『返済するのが不可能なほどの負担を押し付けてくる』というものです。借り入れというのは返済の義務を背負ってから始めて利用可能になりますので、返済できないという事が前提となると当然躊躇しますよね。
(⇒サラ金の悪いイメージはどこから来るの?

ですが、現在のきちんと国から認められた貸し付け業者というのは、返済できないほどの金利や返済サイクルを押し付けてくる事はありません。それはかつてサラ金と呼ばれていた消費者金融でも同じで、今でも違法な業務を行っているのは闇金業者くらいのものでしょう。
(⇒闇金業者の悪質な手口とは

サラ金は本当に返せないのか?それは悪い事なのか?サラ金から借りる事も検討していて疑問に思っている方は、この記事にて疑問をしっかり解消していってほしく思います。

サラ金は返済可能

まず最初に言いました通り、サラ金は返済できないほどの無茶な条件はつきつけてきません。国で定められた基準を超えた内容で貸し付けはできませんし、違法な取り立ても行ってきません。それでも返済できないという人が出てくるのは何故なのか?

それは純粋な計画性の問題です。サラ金の返済というのは銀行に比べて金利が高めな以上、より計画的に扱う必要があります。ですが、銀行自体が審査基準が厳しく、銀行で借りられないルーズな人がサラ金に流れてくるのが問題です。銀行からの借り入れも返せないのにサラ金の借り入れが返せるかどうかはすぐに分かると思います。

ゆえに「サラ金の条件では返せないから悪い業者だ!」と言っても実際には説得力がありません。法的な決まりを守って営業している以上、こちらも法に従って返済をしないと、相手を非難する事など出来ないのです。

きっちり返せるならサラ金でも銀行でも変わらない

例え銀行で借りてもそれは同じ事で、全ては借りる人の計画性に返済の難易度というのは依存しています。それを理解した上で、返せる算段を付けてからサラ金で借りるようにしましょう。

独自のメリットも備えているものの、金利が高く銀行よりも返済が厳しくなるのがサラ金です。それを理解した上で利用する事を心掛けて下さい。

1 2 >