サラ金

サラ金に申し込んでも全く審査に通過できません

サラ金に申し込んでも全く審査に通過できません…。

銀行に比べてサラ金は審査が緩いという事で申し込んでみたのですが、銀行に引き続き普通に落ちてしまい…どうにも借り入れ審査に通過する自信が全く無くなってしまいました。

審査に通過する為の条件って何なんでしょうか?無知な状態での質問で申し訳ないですが、審査に通過しやすくなるような情報がありましたら是非教えて下さい。

審査に通過しない理由は一つには絞り込めない

質問者さんは一体どれくらいの審査に落ちて、どんな状態にあるか分からないのでなんとも言えませんが…審査に必要な基本的な事であれば、どれか一つとは言えずともある程度は絞り込めます。
(⇒審査に関わる基本的要項)

まずはやはり年収ですね。最近は収入証明証が一定以下の限度額希望なら必要無くなりましたが、それでも総量規制の事もあって年収というのは申し込みに際しては非常に重要なファクターです。総量規制が発生するのが年収の三分の一以上の限度額なので、年収が極端に低いと作れても最低限の限度額しか作れないでしょう。

また現在のお仕事も重要です。基本的に年収が高い&安定していると言われている職業であればかなり有利になりますが、アルバイトなどの非正規雇用だと厳しくなりますね。アルバイトだと年収が奮わない事もあり、自然と前述の条件に当てはまってしまいがちですね。

それと忘れがちな事として、携帯電話の月賦なども借り入れに影響します。質問者さんは携帯電話をお持ちで月賦で本体を購入していませんか?携帯電話は大抵が利用料金と月賦の支払いを同時に行っているので、携帯電話の利用料が滞ると自然と月賦に関しても未払いになり、信用機関に金融事故記録として登録される可能性があります。その状態だと借り入れを受ける事はかなり難しく、他の商品の月賦での購入も当然それに同じです。

そしてさらには借り入れに落ちては申し込みを繰り返していると申し込みブラックと呼ばれる状態になる等々…審査に落ちる条件はざっと洗い出しただけでもこんなにあります。

ですので、審査に通らないのであれば複数の悪い条件を満たしているとも考えられますので、自分に当てはまる部分と言うのをひとまずは全て洗い出してみるといいでしょう。

審査の厳しさは条件に関係する?緩い方が良いと一概にも言えない理由

審査の難易度

銀行でもサラ金でも借りる前に欠かせない事と言えば、やはり申し込みとそれに伴う審査です。無担保である分信用が大事なカードを使った借り入れにおいては、信用実績などをしっかりと調べられる事になります。
(⇒無担保と有担保だとどっちがいいの?)

審査というのは基準が一定でないように、審査の厳しさの違いというのは細かく存在しています。それを大分類するとしたら、一般的に銀行は厳しく、サラ金は緩いとされています。必ずしもそれで受かる落ちるが決まるわけではありませんが、この差は歴然として語り継がれています。
(⇒審査基準の違いが生み出す結果)

だとしたら、単純に「審査は厳しい方と緩い方のどちらがいいのか?」と気にされている方もいらっしゃるでしょう。審査の難易度による違いが何を生み出しているか、金融における基礎知識として身に付けておきましょう。

借り入れ審査における厳しさの違いで変わる事

審査というのは通過しないと借り入れ枠を作れない為、単純に考えれば緩い方が何か便利であるように見えます。現に確実に借り入れ枠が欲しいという方は審査が緩いと言われている方を優先的に申し込む事もあります。

ですが、緩い方が完全に優れているというわけではありません。銀行など審査が厳しいところの法則として『審査に通過するのは難しい反面通れば低金利などの条件が恵まれている』場合が多いのです。つまるところ、通過する自信と時間さえあれば銀行の方がいざ使う時に便利な借り入れ枠になるのです。

となると審査が緩いサラ金のメリットが少なそうですが、審査が早い事からの即応性、そして各社における条件のばらつきが銀行に比べて少ないという事がありますので、最寄の営業所に合わせて業者を選べるという利点があります。私たちに身近な、という意味合いでも消費者金融と改めたサラ金らしい利点と言えますね。

基本的には急いでいるか否かで決めよう

審査の厳しさは金利や限度額などの条件に直結こそしていますが、それ以外のメリットで選ぶなら消費者金融にも十分な魅力があります。特に無人機などが生み出す利点は急ぐ方にとってはなかなか得難い点です。
(⇒忙しい方にも嬉しいサラ金の無人機の利点!)

基本的に急いでいるならサラ金、時間にもお金にも余裕がある時なら銀行という風に分けるといいでしょう。審査の厳しさは意外とこんなところでも違ってくるのです。

転職前には借り入れ枠を作る!新しい仕事に移る前にやるべき理由

仕事を辞める前に出来る事

不況により就職が難しい世の中になっていますが、だからと言って無理だと分かっていて仕事を続けるのは良いとは言いにくいです。無理をした結果として病気になり、働けない体になってしまえばそれこそ本末転倒です。時には転職も視野に入れた立ち回りも必要になるでしょう。

転職を決めたら今のお仕事は止める事になりますので、様々な面でお忙しくなると思います。引き継ぎといった事から次の仕事の勉強、さらには環境が変わる事で与えられる生活への影響等々…転職というのは仕事を続けるよりもよっぽど忙しいのかもしれませんね。

そして転職前にしておきたい事の一つとして『今の会社の在籍しているうちに借り入れ枠を作る』というのがあります。わざわざお金が必要でもないのに?と疑問に思うかもしれませんが、サラ金の借り入れ枠は事前に用意しておくと便利ですし、何よりは今だからこそ作りたい理由があるのです。

転職前に借り入れ枠を作るススメ

まずサラ金の審査に大きく影響する事柄と言えば、やはり今現在のご職業というのがあります。サラ金は自由業などでも収入があれば申し込めるように申し込みの可否は仕事で決まるとは言いにくいですが、審査に通るか否か、そして条件の変動は仕事が強く影響しています。

仮に今現在のお仕事がアルバイトなどの非正規雇用で、次の仕事が公務員などであれば、むしろ今申し込むメリットはあまりありません。次の職場に馴染んでから申し込む方が有利になるでしょう。

ですが、一般企業から同じく別の会社に変わる場合、よほど年収などの待遇が劇的に向上しない限り、今現在のお仕事のうち申し込んでおく方が有利になりやすいのです。

理由としては申し込み用紙には大抵勤務年数を書く欄があり、当然長い方が審査する側の信頼になる為、転職直後に作るよりかはかなり有利に審査が勧められます。年収も大事ですが、継続して仕事をしているという実績もまた重要なのです。

さらに、普通の企業からアルバイトなどになる場合なら尚更です。収入が低い状態で無計画な借り入れを行うのは厳禁ですが、そうした状態になった時にいざという時の借り入れ枠が十分な条件だったら、これほど心強い事もありません。金利が高く大変とされているサラ金の返済はリボ払いなどにすれば低い負担で返していけるので、借り入れ条件は良ければ良いほど後々が楽になるのです。

万が一に備えて新天地へ

仕事を変えるという事は収入といった部分もそうですが、何よりは環境に関しても大きく変わります。環境が変われば今まで思いもしなかった事態が訪れても不思議ではありません。そんな時にお金が関係する事なら、十分な枠があれば余裕をもって対処できるのです。

お金以外は自分で何とかしなくてはいけなくても、お金に関わる事は借り入れ枠で何とかできます。それを踏まえて、新天地には十分な借り入れ枠を用意してから行く事をオススメします。

サラ金の無利息期間は本当に無利息で借りて返せるの?

サラ金でたまに『無利息キャンペーン中!』と宣伝している事があるのですが、この無利息期間内に全ての借り入れを返済すれば、本当に無利息でお金を借りて返してが出来るのでしょうか?
(⇒無利息キャンペーンを利用してサラ金を賢く使う)

無利息期間というくらいだから出来るとは思うのですが、それだとサラ金業者側には利益が無いという事になりますよね?そうなるとこの無利息キャンペーンを行うメリットが分からないんですよね。

考えすぎだとは思うのですが、サラ金の昔の悪いイメージがどうしても自分の中で抜けきっていないので、無利息キャンペーンに魅力を感じていてもどうしても利用に踏み切れないんですよね…業界について詳しい方、お答えをよろしくお願いします!

無利息期間中なら当然金利は一切発生しません

予想通りの答えとなりますが、もちろん無利息キャンペーンを行っているサラ金で借りた後、無利息期間が終了する前に返しきれば金利は一切発生しません。サラ金を使う手数料が一切ないと言う事でもありますが、銀行振り込みなどで返済したなら振り込み手数料が取られるくらいでしょうか。
(⇒銀行振り込みで借り入れを返済した場合)

確かに無利息期間中に完済出来た場合、サラ金側には金利という利益は発生しない事になりますが、もちろんメリットが無いキャンペーンを業者側が無計画に行っているわけではありません。向こうだってその辺りは承知なのです。

まず金利を無料化する事により、質問者さんのように新規で利用するかどうか悩んでいる方の契約を促す効果が期待できます。キャンペーンが例え限定的であっても、無利息と大々的に掲げられていれば誰でも気になりますよね?

さらに統計的に見ても、無利息期間がきっかけで利用した人の割合で言えば『無利息期間内に完済した人』よりも『無利息期間終了後も返済を続けている人』の方が多いとの事です。先にお答えした契約してもらう事により今後も継続的に使ってもらう可能性も含めれば、無利息期間を有効活用してもらってもサラ金側としては無意味では無いという事です。

無利息期間に返せれば万々歳ですが、それでも無利息期間の分だけ返済が楽になっているのも事実です。使い始めるには頃合いでは無いでしょうか?

返済での失敗を無くす!遅くも早くも無い返済ペースを身に付ける方法

返済を失敗しない為に

サラ金を利用してお金を借りれば、当然返済も始まる事になります。返済に関してはまず期日を守る事が大事であるのは常識の範疇ではありますが、他にも返済について大事な事はいくつかあります。それくらい返済が借り入れにおいて大事な工程である証拠ですね。

返済の基本と言えば『とにかく早く返す事』を大事にしている方も多いでしょう。一日でも早く完済する事で金利負担を大きく減らす事にも繋がりますし、完済すれば支払い期日などの心配も無くなりますので、精神的にも実生活面でも早く返す事は影響が大きいのです。

早く返せる事自体には何の文句もありませんが『どんなに無理をしてでも早く返す』というのはあまり良い事ではありません。早く返すという事をあまりにも重要視しすぎた結果だとは思いますが、極端すぎると見直しも必要になってきますので、注意しておきましょう。

返済は早すぎず遅すぎず

借り入れの返済は早く終える事のメリットはお教えした通りですが、そうなると逆に遅いとどうなるの?と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。確かに金利負担の都合で実質的に返済する金額が増える事にはなりますが、法的な問題は一切ありません。期日を破るような規約違反でもありませんので、遅い事を気に病む必要は無いのです。

もちろん任意返済などで随時返済していく事は大事ですが、例えばあまりにも返済を焦って無理に生活費を削ってまで返済するとどうなるでしょうか?そうなると「やっぱり必要なお金が足らなくなって、結局また借り直してしまった…」という事にもなりかねないのです。そうなると返済においては本末転倒とも言える結末で、余計な手間を増やしかねないのです。
(⇒任意返済の重要性)

ゆえに返済というのは早すぎず遅すぎずに進行させる事が大事です。早すぎると先に言った通り無理が出てきますし、遅すぎたら金利負担が増える一方になってしまいます。このバランスを調整する事が返済において失敗しないコツともいえる方法で、難しくとも常に意識しておきたい事になります。

バランスの取り方は多種多様

このバランスの取り方は多岐に渡ります。例えば無理せず堅実にいきたいならリボルビング払いで月々の最低額を確実に払いつつ任意返済を使って調整する方法もあるし、月々固定払いにして金額を無理の無いギリギリで設定しておいたり…自分の性にあった方法をとっていけばいいのです。

まずは月々分の返済を滞り無く済ませられる事を意識しておき、それから徐々に返済額を増やしていくのが初心者向きと言えるでしょう。

金利は意識し過ぎてもダメ!?負担を減らす返済方法と向き合う方法!

返済における金利への意識

サラ金などの借り入れにおいて金利と言うのは一日ごとに加算されていく事から、返済は早いに越した事はありません。返せるお金はどんどん任意返済していくのが金利の節約になるのは言うまでもありません。
(⇒任意返済で返済の負担を軽くしてみよう)

但し、口で言うほどそれは簡単ではありません。やるべき事を端的に表すなら『金利負担を減らすには早く返済を進めればいい』となりますが、そもそもそんな金利も気にならないようなハイペースで返済できるなら、借り入れる必要性があったのかが疑問です。貯蓄があるならそれこそそちらを切り崩していればいいように、サラ金自体に頼るべきだったのかを議論しなくてはならなくなります。
(⇒サラ金を有効活用する為に必要性を考えておく)

なので今回は『早く返したいけど返せない状況にジレンマを感じている』方向けに、早い返済とは何かを見つめ直しておきましょう。金利に関して敏感な方は特に考えてもらいたい事です。

金利は意識し過ぎずしなさ過ぎず

金利というのは要は一括返済すればほとんど関係ありません。つまるところ金利を意識した返済においての理想形は一括で支払う事なのですが、それが上手くいかないのは最初に話した通りです。
(⇒一括返済は借り入れ負担を最大限減らす)

となると理想の初歩としては、月に返せるお金を最大限に引き出す事が大事です。リボルビング払いで最低限の支払いのみしか行っていない場合、どうしても「焦らずに無理せず、少額のみでいいや」となってしまい、余ったお金を無駄遣いしてしまう事は良くあります。まずはそうしたお金全てを返済に回せば、それだけで完済に近付く為金利負担は減っていくのです。
(⇒リボルビング払いのメリットとデメリットを理解する)

また、完済まで残りわずかとなった残高を残しておくのも勿体ないです。金利が一日ごとに加算されているなら、全部返せるのに引き落としまで待つのは無駄に金利を増やしているだけなのが事実です。そうした時こそ一括返済で終わらせれば気になる利息からも、返済からも解放されるチャンスですね。これを見逃す手はありません。

金利は考え方が重要

このように、金利というのは過剰に意識しても、全く意識しなさ過ぎてもいけません。意識し過ぎれば返済途中で気が滅入ってしまうし、意識しなさ過ぎれば金利は増える一方です。つまりは中庸の考えに則り、ほどほどに返済を続けていくのが一番賢いでしょう。

支払う時にはきっちり計算をし、それ以外は金利で深く悩まない。こうするだけで返済の辛さというのは激減しますので、是非実践してみて下さい。

専業主婦でもサラ金に申し込めますか?

私は主婦なのですが、今度子供も生まれる事もあっていつ急な出費があるとも分からなくなると思って、サラ金の借り入れ枠を申し込もうかと思っています。

ですが、サラ金というのは主婦でも申し込めるものなのでしょうか?今現在は夫が働いていて私は専業主婦のような形になっているので、夫に申し込んでもらった方がいいのでしょうか?

サラ金に申し込むの自体が初めてなのでお手間をかけますがよろしくお願いします。

主婦の方でも申し込めますが多少は申し込みの勝手が異なります

サラ金というのは消費者金融と呼ばれるだけあって、主婦の方も含めた消費者全般にお金を貸し出してくれますよ。中にはレディースローンみたいな女性優遇の借り入れ方法もあるみたいです。

ですが、申し込みにあたっては少し勝手…というか審査基準が主婦の方専用のものになります。全くの別物というわけではないのですが、サラ金申し込み時に職業によって記入する内容が変わっていませんか?

そこを見ると分かるのですが、主婦の方の申し込みに際しては夫の方の年収が審査に関係してきます。サラ金が言う主婦というのは文字通りの専業主婦になるのですから、例えばパートであったならあなたの年収で審査される事になります。

また、夫の方の年収が参照される事もあるので、基本的には夫の方の同意も必要となります。ですので夫の方にきちんと事前に伝えてないと行き違いが発生してしまい、審査がスムーズにいかないだけでなく「自分に内緒でお金を借りてどうするんだろう?」と疑問まで抱かせてしまうので、主婦の方の申し込みはご家族、特に配偶者の方との綿密な相談が望ましいですね。名義自体はあなたのものになりますが、あくまで夫の方との共同借り入れ枠くらいの認識でもいいんじゃないでしょうか?

最後に蛇足かもしれませんが、名義があなたと言っても返済能力は夫の方の収入にかかっていますので、利用前にはきちんと夫の方と用途や返済プランを相談の上、CMで言われているように『ご利用は計画的に』行ってくださいね。サラ金が原因での一家離散なんていうのは見ている人も気分が良いものとは言えませんからね。

キャッシングはサラ金と違う?良く似た二つの違いを見分けるポイント

呼び方で変わる借り入れ

借り入れと一言で言っても、その種類や方法は多岐に渡ります。私たち一般の方向けのカードを使った借り入れから事業者の方に特化した借り入れまで、お金を借りると決めたとしても次の手段を選ぶだけでも悩ましく感じるかもしれませんね。

ですが、どんな借り入れでも共通して『お金を借りたら、金利を含めた金額を返済する』事になります。これはどんな借り入れにおいても同じ事なので、下手に借り入れ方法の名前や手段を複雑に考えすぎない事も重要なのです。

特に名前に関しては非常に多く、金融業界側も明確な区分わけが出ているかいないか微妙なものがあります。中でもサラ金などのカードを使う借り入れとキャッシングについては、多くの方が「何が違うんだろう?そもそも違いはあるの?」と疑問を持っています。今回はそのキャッシングについて少し掘り下げてみましょう。

キャッシングとサラ金は違う?

まず最初に言うなれば、やる事はほぼ同じと思ってもらって構わないという事です。サラ金も現在は大半がカードを使った借り入れ枠の操作に対して、キャッシングもそれに同じく、カードを使って自由に引き出せる借り入れ枠を操作する事になります。要はほとんどが共通しているので、もしも両方持つ事になってもどちらかを使った事があるなら、特に迷う事無く使えるという事になります。

明確な名前分かれをしていると言えば、キャッシングはクレジットカードに付帯した機能がそう呼ばれる事が多いですね。クレジットカードに付いているキャッシングというのは基本的にショッピング枠に比べて小さ目の枠である事が多く、同時に金利も借り入れ専用の枠などと比べて高い為、現金を借り入れる性能と言う意味では、サラ金に比べて劣り気味と言えるでしょう。

また、ローンは分割で返済する借り入れ、キャッシングは翌日一回で払う借り入れとも言われていますが、最近はキャッシングにもリボルビング払いを設定している業者も多いので一概には言えません。キャッシングを使う事になれば、必ず支払い方法についても確認しておきましょう。
(⇒リボルビング払いの特徴を確認)

どちらを使うにしても変わらない事

このように違うのは呼ばれ方くらいのものではありますが、キャッシングもどちらかと言えばサラ金が提供するものである事が多く、銀行が提供する借り入れはローンと呼ばれる事がやや多い傾向となっています。それでも名前以上に違う点はほとんどありませんので、利用の際にはサラ金と同じ感覚で大体は問題無いでしょう。

どんな借り入れも期日にきちんと返せればトラブルは起きません。それを忘れないようにして下さい。

利用無しは良くないの?今までの借り入れの有無が与える審査への影響

実績があってこその信頼

サラ金にせよ銀行融資にせよ、程度は違っても信頼実績というのは審査に際して重要になってきます。これを欠いてはなかなか最高の条件にたどり着くのも難しくなりますので、信用機関に残されている自分の情報というのは気になるところですね。
(⇒審査に関わる情報は信用機関に残されている)

信頼実績というのは、基本的に借り入れを利用し、問題無く返済する事で築かれるものです。一朝一夕では信頼には繋がらないように、この信頼実績というのも積み重ねが大事になってきます。最高の借り入れ枠が欲しい場合、時にはじっくりと利用計画を立てるのも大事になります。

そして信頼実績…金融関連について利用した事が無い場合は、貸す側からすればどのように映っているのか?勘違いされている方も多いこの事柄について解説します。

利用無しは信頼にはならない?

「自分は一度も借り入れを利用した事がないので、金融業者側も信頼できるはず」と考える方は多いです。確かに今まで借り入れの中で遅延などの事故記録があるよりはよっぽど良いですが、普通に借りて返してをしている人よりも信頼があるかと言えば、そうでもありません。
(⇒ブラックリストはなぜ事故記録と呼ばれるの?)

実は今まで全くの金融関係に対しての情報が無い方の場合、利用実績がある方よりも大体において信頼は低くみられます。借り入れはしないに越した事じゃないの?と思うのも最もですが、よくよく考えれば納得します。

利用実績があるという事は、ようは返済能力の裏付けなのです。返済能力というのはある意味貸す側にとっては最重要視する項目と言ってよく、これが実績という名で示されている場合、安心して貸し付ける事ができます。逆に利用が無いのは信用も未知数となりますので、不安になるのも仕方がない事なのです。

ただ、この利用実績というのは月賦などの買い物も影響していますので、30代くらいにもなれば大抵の人が知らず知らずに金融実績を持っているはずです。こうした買い物などについても思い出してみましょう。

実績は焦らずとも積める

そうなると実績が無い事に焦りを覚えるかもしれませんが、実績というのは狙って積むものではありません。ご自身の生活に応じて積むものなので、借り入れ枠を良くする為だけに借りる…なんて事はしないようにしたいものです。

基本的には機会があればついでに信頼も、程度の認識で構いません。まずは借り入れが出来たらしっかり返す事を念頭に置きましょう。

あなたの借り入れ枠も危ない!?不正利用される可能性を減らすには?

借り入れには避けられない危険性

お金を借りる方法というのは様々です。私たち消費者に身近なサラ金、昔から貸し付け業を営む銀行、クレジットカードなどを扱う信販会社等々…いろんなものをひっくるめて考えると、お金を工面する方法の豊富さに改めて驚くはずです。

どの借り入れ先にも利点と欠点があるように、お金を借りる事自体にも利点と欠点は出てきます。利点と言えば自分の所持金だけでは用意できないお金を用意できる事により、その時でしか出来ない事を可能にしてくれる事です。むしろこれが無い場合、貸付業自体がここまで発展する事は無かったでしょう。

そして欠点と言えばなんなのか?金利が発生するという事が負担という意味ではそうなりますが、それは借りる以上の義務に近く、欠点というのは物議が醸し出されます。

借り入れ枠をお金である事も加味すれば、その答えとして紛失や不正利用が挙げられるのではないでしょうか。

紛失から起こる不正利用のリスク

紛失と言っても借り入れ枠をどうやれば…と思うかもしれませんが、現代における借り入れ枠というのはほとんどがカードで管理されます。カードと言う形態は極めて持ち運びが便利で借り入れる際にも簡単ですが、それがそのまま紛失リスクに繋がっているのです。

カードを無くして誰かに拾われ、それが不正に利用されてお金が使われた場合、原則として自分が払わないといけなくなります。これに関しては利用規約などにも記載されており、保険などが無い借り入れだと損害がそのまま自分の損失になるのです。

また、カードを持ち歩かないと大丈夫かと言えば、それも一概に言えません。サラ金を始めとした金融業者はインターネットへの進出も活発しており、とても便利になっています。しかしその反面、インターネットのウイルスを利用しての個人情報抜き出しが多発しており、ちょっとの油断から自分の借り入れ枠利用の為の情報が盗られる可能性は十分考えられます。これも便利になったからこそ生まれた問題ですね。

借り入れ枠の管理はとにかく厳格に

注意していても不正利用されてしまう可能性は捨てきれませんが、それでも何も対策をしていない人よりも、対策をして知識も持っている人の方が、リスクは下がるのが現実です。

カードの紛失に関しては無駄に持ち歩かず、インターネットに関してはセキュリティ対策をするように、何らかの方法で紛失と流出のリスクを軽減しておきましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >